AI・機械学習

音声認識精度の向上とAI/IoTの未来--IBMが達成した誤認識率5.5%の意義

IBMは先頃、会話音声認識で業界新記録を打ち立てたことを発表した。このことは、人工知能(AI)の未来にとって、大きな意味を持つかもしれない。

 IBMは先頃、会話音声認識で業界新記録を打ち立てたことを発表した。このことは、人工知能(AI)の未来にとって、大きな意味を持つかもしれない。

 IBMチームのシステムは音声認識の単語誤認識率5.5%を達成し、前年の6.9%からさらに精度を高めた。このベンチマークは、困難な音声認識タスクで測定される。具体的には、自動車の購入といった日常的な話題に関する人間同士の会話の録音を機械に認識させる。IBMのプリンシパルリサーチサイエンティストであるGeorge Saon氏のブログ投稿によると、この録音データは「SWITCHBOARD」として知られており、20年以上前から音声認識システムのテストに使われているという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2112文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan