オフィスソフト 日本マイクロソフト

macOS/iOS向け機能強化が中心--「Office 365」更新動向【2017年4月版】

「Office 365」は、不具合の修正や機能の改善、追加が定期的に行われている。IT管理者はいち早く更新情報を確認しておきたいはずだ。更新プログラムのリリースタイミングを踏まえて、Officeの最新動向をレポートする。

 「Office 365」は、WordやExcel、PowerPointなどのOffice製品が利用できるサブスクリプションサービス。不具合の修正や機能の改善、追加が定期的に行われている点が特徴だ。

 ソフトウェアの更新タイミングとして、「毎月(期限内チャネル)」「4カ月月ごと(延期チャネル)」の2種類を用意している。利用企業の多くは、延期チャネルを選択していることだろう。

 延期チャネルの場合は、期限内チャネルから4カ月後に新機能が適用されるため、企業のIT管理者などはいち早く情報を取得しておきたい。更新プログラムのリリースタイミングを踏まえて、Officeの最新動向をレポートする(4月20日時点で公開されている情報をもとに作成)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2467文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. “ムダ”な資料作成に費やす“ムダ”な時間を減らし生産的な日常業務を取り戻す
  4. 既存ビジネスを変革し「第2の創業」も!SaaSで市場を制したリーダー達の経営術とは
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan