オフィスソフト 日本マイクロソフト

macOS/iOS向け機能強化が中心--「Office 365」更新動向【2017年4月版】

「Office 365」は、不具合の修正や機能の改善、追加が定期的に行われている。IT管理者はいち早く更新情報を確認しておきたいはずだ。更新プログラムのリリースタイミングを踏まえて、Officeの最新動向をレポートする。

 「Office 365」は、WordやExcel、PowerPointなどのOffice製品が利用できるサブスクリプションサービス。不具合の修正や機能の改善、追加が定期的に行われている点が特徴だ。

 ソフトウェアの更新タイミングとして、「毎月(期限内チャネル)」「4カ月月ごと(延期チャネル)」の2種類を用意している。利用企業の多くは、延期チャネルを選択していることだろう。

 延期チャネルの場合は、期限内チャネルから4カ月後に新機能が適用されるため、企業のIT管理者などはいち早く情報を取得しておきたい。更新プログラムのリリースタイミングを踏まえて、Officeの最新動向をレポートする(4月20日時点で公開されている情報をもとに作成)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2467文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり
  5. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan