オフィスソフト 日本マイクロソフト

macOS/iOS向け機能強化が中心--「Office 365」更新動向【2017年4月版】

「Office 365」は、不具合の修正や機能の改善、追加が定期的に行われている。IT管理者はいち早く更新情報を確認しておきたいはずだ。更新プログラムのリリースタイミングを踏まえて、Officeの最新動向をレポートする。

 「Office 365」は、WordやExcel、PowerPointなどのOffice製品が利用できるサブスクリプションサービス。不具合の修正や機能の改善、追加が定期的に行われている点が特徴だ。

 ソフトウェアの更新タイミングとして、「毎月(期限内チャネル)」「4カ月月ごと(延期チャネル)」の2種類を用意している。利用企業の多くは、延期チャネルを選択していることだろう。

 延期チャネルの場合は、期限内チャネルから4カ月後に新機能が適用されるため、企業のIT管理者などはいち早く情報を取得しておきたい。更新プログラムのリリースタイミングを踏まえて、Officeの最新動向をレポートする(4月20日時点で公開されている情報をもとに作成)。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2467文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 講演関連資料:AWS環境のデータ保護、セキュリティ対策のコツ!

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]