コミュニケーション

「Google+ Hangouts API」利用アプリ、使用期限はまもなく--影響を受ける場合の対処

「Hangouts API」の提供が打ち切られ、それとともに大多数のHangoutsアプリも使えなくなる。影響を受ける場合の対処方法を紹介しよう。

 Googleが「Hangouts API」の提供打ち切りを明らかにしたのは数カ月前であるにもかかわらず、多くの人がその知らせを見過ごしていた。Hangouts APIのサポートはすでに終了しており、Hangoutsアプリはまもなく動かなくなる

 Hangoutsの開発者とユーザーに、大した通知は届かない。ただ、打ち切り対象アプリが使用中だと、Hangouts通話中に簡単なメッセージが表示される。4月25日を過ぎると、対象アプリはいきなり使えなくなる。そして、基本仕様のHangoutsに加えて、影響を引き続き受けないことをGoogleが認めた少数のアプリだけが残される。

なぜGoogleはHangouts APIの提供を打ち切るのか

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1146文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  5. 添付ファイルの攻撃が前年比2.5倍?!今を“知り”、セキュリティ強化のポイントを考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan