コラボレーション

Facebookの法人向けコラボツール「Workplace」--新機能の追加で「Slack」を超えるか

Facebookは、同社の法人向けコラボレーションツール「Workplace」について、クラウド、ボット、セキュリティ関連の新たな統合とともに、RTMPストリーミングのサポートを目的とする「Workplace Live API」のリリースを発表した。

 Facebookの年次開発者会議「F8」も佳境に入り、最新情報は同人気ソーシャルメディアサイトのビジネス版である「Workplace」に関するものが中心となっている。Facebookは、クラウド、ボット、セキュリティ関連の新たな統合とともに、RTMPストリーミングのサポートを目的とする「Workplace Live API」のリリースを発表した。

 Facebookはまた、Workplaceがいまや南極を含めた各大陸に広がり、1万4000を超える組織によって使用されていることも明らかにした。数としては多いように思えるが、「Slack」などの競合製品と比べてどの程度なのだろうか。それに、一部の著名クラウドパートナーやボットメーカー、クラウドコンプライアンス企業との新たな連携も素晴らしい。とはいえ、Facebook Workplaceがコラボレーション市場で真のプレーヤーとなるには、これで十分だと言えるだろうか。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2113文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  3. 調査結果--働き方改革:「お隣の企業」はどこまで進めている?着手の度合い、課題をレポート
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan