クラウドストレージ

「Dropbox」「Box」「iCloud」を比較--クラウドストレージの違いを理解する

ファイルの保存や容易な共有が可能なクラウドストレージは、自分のユースケースにあったものを選びたい。「Dropbox」「Box」「iCloud」の各サービスの特徴や違いを紹介する。

 クラウドストレージサービスである「Dropbox」「Box」「iCloud」は、ファイルの保存だけでなく、さまざまな場所からのアクセスや容易な共有を可能にする。ユーザーは、これらの機能を使うことで、ファイルを効率よく扱えるようになる。

 その一方で、それぞれのサービスは、オプションとして提供している機能やストレージ容量あたりの価格に違いがある。そのため、ユーザーは、自分の使用ケースを十分に理解した上でサービスを選ぶことが必要となってくる。

 Dropbox、Box、iCloudの入門記事を読みやすく1つのPDFにまとめた。

「続きを読む」からPDFファイルをダウンロードできます。

ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan