セキュリティ IoT

IoTデバイスの保護--ボットネットなどの脅威に対処するには

IoTデバイスに対する攻撃の脅威は増す傾向にある。ここでは、IoTデバイスに関する認証、データプライバシー、そしてボットネットの問題に対処するためのベストプラクティスを紹介する。

 IoTの前途にはセキュリティの問題が待ち受けている。Gartnerの予測によれば、2018年までの2年間で、IoTデバイスメーカーの半数以上が今の脆弱な認証方式を利用できなくなるという。そうした認証方式は、データをリスクに晒す可能性があるからだ。「2020年までには、企業を狙った攻撃の25%以上がIoTがらみのものになる。しかし、ITセキュリティ予算のうちIoTに費やされる割合は、わずか10%にとどまるだろう」とGartnerは述べている。同社は2016年4月の段階で、IoTセキュリティに関連する支出額が2017年には3億5000万ドルに達し、前年より24%近く高くなると予測していた。だが、それでは不十分かもしれない。

 IoTのセキュリティ対策では、適切な戦略を採ることが重要になる。Forbesは2016年11月の記事でIoTのセキュリティを取り上げ、「厳格な規制基準」を設けることを提唱した。同社はその理由として、「セキュリティを強化しながら、法令遵守を簡素化する」必要があること、そして「ITとOT(運用技術)の両方を統合するエンドツーエンドのアプローチ」の導入が必要になることを挙げている。

 そこで本記事では、認証、データプライバシー、そしてボットネットの問題に対処するためのベストプラクティスをいくつか紹介しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3224文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SUBARU事例:運転支援システム「アイサイト」の実用化を支えた膨大な画像データの管理・活用
  2. 「デジタル変革」成功の5つの成功要因とは?--アルファブロガーRay Wang氏インタビュー
  3. 添付ファイルの攻撃が前年比2.5倍?!今を“知り”、セキュリティ強化のポイントを考える
  4. IoTを活用してコスト削減と効率性向上を実現する4つの方法
  5. NASA事例:「ANSIBLE TOWER 」を活用してクラウドにおける複雑な管理を効率的に

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan