帳票管理 ワークフロー その他データベース

SpaceFinder:帳票、ワークフロー、データベースを一体にした業務改善ソフト

「SpaceFinder」は、電子帳票、ワークフロー、データベースの機能が統合されたパッケージソフト。業務の標準化や体系化、情報連携などで業務改革を支援する。帳票やワークフローの作成にプログラミング知識は不要だ。

SpaceFinderのポイント

  • 電子帳票、ワークフロー、データベースの機能を統合
  • 複雑な業務プロセスでも作成した電子帳票を活用してワークフローで業務を体系化
  • 帳票やワークフローの作成にプログラミング知識は不要

SpaceFinderの製品解説

 ダイキン工業の「SpaceFinder」は、電子帳票、ワークフロー、データベースが統合されたパッケージソフトウェアだ。業務の標準化や体系化、情報連携などの機能を提供することで業務改革を支援。幅広い用途に対応し、コンパクトな導入から全社的な基幹システムとしての運用までニーズにあわせて活用できる。

編集部おすすめの関連記事

 旅費精算や承認申請にとどまらず、研究管理や製品開発、生産準備、クレーム対応、設備保守などの複雑で長い業務フローに沿った電子帳票を作成できる。部門や拠点をまたがる複雑な業務プロセスに対応するワークフローで業務の体系化も行える。また、業務工程で作成される文書ファイルや画像、試験データなどをデータベースで一元管理できる。バージョン管理やアクセス管理などの機能も備える。

 帳票やワークフローの作成にプログラミング知識は必要ない。必要項目をドラッグ&ドロップで配置していくことで帳票のレイアウトを作成できる。文字、日付、数値などの入力欄、ファイルを添付するエリアなどさまざまな種類のパーツが用意されている。また、集計分析機能により、ビジネス指標や目標達成度を可視化する。蓄積された品質情報から品質改善の達成度合いなども把握することができるようになる。

SpaceFinderのまとめ
用途と機能電子帳票、ワークフロー、データベースが統合されたパッケージソフト
特徴業務の標準化や体系化、情報連携などの機能を提供することで業務改革を支援。帳票やワークフローの作成にプログラミング知識は必要ない。集計分析機能により、ビジネス指標や目標達成度を可視化できる
導入企業富士電機、熊平製作所、カネカ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan