マルウェア対策

CylancePROTECT:機械学習を活用したマルウェア対策ソフト--未知の脅威も検知

マルウェア対策ソフトウェアの「CylancePROTECT」は、機械学習させたアルゴリズムで、既知や亜種、未知のマルウェアを検知する。パターンファイルを必要とせず、スキャンを分散して実施することで軽量に動作する。

CylancePROTECTのポイント

  • パターンファイル不要で既知や亜種、未知のマルウェアを検知
  • スキャンを分散して実施することで軽量に動作
  • クラウドで運用ポリシーなどを設定して端末を管理

CylancePROTECTの製品解説

 米国Cylanceの「CylancePROTECT」は、機械学習を利用したマルウェア対策ソフトウェア。数億個に及ぶ正常なファイルやマルウェアなどから約700万もの特徴を学習させたアルゴリズムで、既知や亜種、未知のマルウェアを検知する。

編集部おすすめの関連記事

 端末内のファイルを分散スキャンすることで、従来のマルウェア対策ソフトウェアよりも軽量に動作するようになっている。

 端末で検知されたマルウェア情報は、同社のクラウドへ送信される。システム管理者はクラウドで運用ポリシーなどを設定することで端末管理ができる。これにより、パターンファイルの更新が不要となるほか、複数の拠点を一元管理することでシステム管理者の運用負荷を軽減する。

CylancePROTECTのまとめ
用途と機能機械学習を利用したマルウェア対策ソフトウェア
特徴マルウェアの特徴を学習させたアルゴリズムで、既知や亜種、未知のマルウェアを検知。分散スキャンを利用することで、従来のマルウェア対策ソフトウェアよりも軽快に動作する
導入企業モスフードサービス、クックパッド、など

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ホワイトペーパーランキング

  1. 社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント
  2. 真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門
  3. 家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう
  4. クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット
  5. サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]