マーケティング NEC

人物行動分析サービス:カメラ映像から来店者の行動を分析--非購買者の把握も

「人物行動分析サービス」は、店内カメラの映像を画像解析することで、来店者の属性や行動パターンを分析する。店内の棚割や掲示、配置などをデータに基づいて改善できるほか、非購買者の行動を分析し、機会損失の削減や新規顧客の取り込みに活用できる。

人物行動分析サービスのポイント

  • カメラ映像の画像解析から来店者の属性や行動パターンを分析
  • 店内の棚割や掲示、配置などをデータに基づいて改善
  • 非購買者の行動を分析し、機会損失の削減や新規顧客の取り込みに活用

人物行動分析サービスの製品解説

 NECの「人物行動分析サービス」は、店内カメラの映像を画像解析することで、来店者の行動パターンを可視化するマーケティング支援サービスだ。来店者の店内行動を継続的かつ定量的に分析できる。店内の棚割や掲示、配置などをデータに基づいて改善し、施策の前後で効果を検証することも可能だ。

編集部おすすめの関連記事

 店内カメラの映像から人物や顔を検出して性別や年齢などを推定したり、複数のカメラ映像を活用して人物を追跡したりできる。来店人数や移動経路、移動履歴、滞留状況などを把握するのにも役立てられる。来店者の属性や入店から退店までの行動パターンの傾向を定量的に取得することで、マーケティング施策の立案を支援する。

 時間帯別の人数や属性を表す来店者分析、滞留状況を把握するヒートマップ分析、時間帯別の通過人数分析、人気棚や課題の発見を支援するコンバージョン分析などを用意する。これらの情報と店舗が保有する販売時点情報管理(POS)システムの購買実績などを組み合わせれば、非購買者の行動分析も可能となる。機会損失の削減や新規顧客の取り込みなどにつなげられる。

 社内外から分析結果を閲覧したり、複数店舗のデータを一元管理したりすることも可能。既存の店内カメラを活用できるため、専用カメラの導入は不要である。

人物行動分析サービスのまとめ
用途と機能画像解析で来店者の行動パターンを分析するマーケティング支援サービス
特徴来店者の属性や行動パターンを可視化し、マーケティング施策の立案を支援する。店内の棚割や掲示、配置などをデータに基づいて改善可能。非購買者の行動を分析し、機会損失の削減や新規顧客の取り込みに活用できる
税別価格1店舗あたり月額22万円から。初期導入費用が別途必要

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]