ERP

ERPパッケージのカスタマイズは邪道?--業務システムの現在を知る

「ERPパッケージ」の導入プロジェクトは大規模かつ長期的になりがち。基幹系システムだけに慎重を期する必要があり、導入のアプローチもそれだけ複雑になる。業務システムの運用を考える上での課題と対策を解説します。

 企業全体の業務効率化、つまり”全体最適”を目指すための統合基幹業務システム(ERP)パッケージは、対象とする業務や部門が広範囲にわたり関係者も多くなるため、導入プロジェクトが大規模で長期的になりがちです。しかも、ERPは導入費用が高額になりがちであるため、大企業でないと手が出しづらい面もあります。

業務を「ベストプラクティス」にあわせる

 ERPは業務の全体最適を目的としていますから、導入効果を上げるために従来の業務の進め方(業務プロセス)を変える“ビジネスプロセス改革(Business Process Re-engineering:BPR)”が必要になるケースが多くあります。もっとも、BPRを実施するために成功事例(ベストプラクティス)の集約であるERPパッケージを導入しようとする企業もあります。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1595文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業を究極の「全自動化」!デジタル時代のインフラ最適化、その最終形態とは?
  2. 独自調査と取材で判明!クラウドテクノロジーの信頼度と業績向上の相関関係【提供:Google】
  3. 目指すべきは“顧客から選ばれる”企業――日本企業がカスタマーエクスペリエンス向上に失敗する理由とは?
  4. データベースのプロが集結!現場経験者だから語れるDB移行プロジェクトの「実際」とは
  5. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan