ワークフロー Winテクノロジ株式会社

Smart Workflow:業務ルールや申請作業を効率化するワークフローツール

ワークフローツールの「Smart Workflow」は、マウス操作で簡単にワークフローを作成できる。経理や総務、人事に関連する17種類の帳票テンプレートを用意し、Active DirectoryやSharePointと連携する。

Smart Workflowのポイント

  • ドラッグ&ドロップで項目をつなげていくだけでワークフローを作成
  • 経理や総務、人事に関連する17種類の帳票テンプレートを用意
  • Active Directoryと連携し、既存のWindows環境に容易に導入可能

Smart Workflowの製品解説

 Winテクノロジの「Smart Workflow」は、企業内のさまざまな業務ルールや申請作業を効率化するワークフローツールだ。自社内でワークフローや帳票フォームの開発が可能で、管理や運用のルールを統一できる。社内の幅広い申請業務に対応し、紙文書の削減でコストも低減する。

編集部おすすめの関連記事

 「ワークフローデザイナー」は、ドラッグ&ドロップで項目をつなげていくだけでワークフローを作成できる。承認者の設定や分岐条件などをプログラミングすることなく設定でき、保存したワークフローの変更や再利用も可能だ。交通費精算や出張旅費申請、入館証発行申請などの経理や総務、人事に関連する17種類の帳票テンプレートも用意されている。

 承認の催促をメール送信する機能や、次の承認者が不在の場合に別の承認者へ再送信する機能、休暇や不在申請により承認を委任して指定された代理承認者へ自動転送する機能、期間を指定して承認、却下、差し戻しを自動化する機能などをフロー作成時に指定できる。

 Active DirectoryやSharePointと連携し、既存のWindows環境に容易に導入できる。部署、上司、メールアドレスなどの情報をActive Directoryから自動取得して申請者の入力作業を補助する。また、シヤチハタの「パソコン決裁」との連携も可能で業務プロセスと承認印を完全電子化できる。

Smart Workflowのまとめ
用途と機能自社内でワークフローや帳票フォームの開発が可能なワークフローツール
特徴ドラッグ&ドロップで項目をつなげていくだけでワークフローを作成できる。経理や総務、人事に関連する17種類の帳票テンプレートを用意。Active DirectoryやSharePointと連携し、既存のWindows環境に容易に導入できる
税別価格ライセンス費:1~250人未満で200万円、250~500人未満で250万円
保守費:1~250人未満で36万円、250~500人未満で45万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業を究極の「全自動化」!デジタル時代のインフラ最適化、その最終形態とは?
  2. 独自調査と取材で判明!クラウドテクノロジーの信頼度と業績向上の相関関係【提供:Google】
  3. 目指すべきは“顧客から選ばれる”企業――日本企業がカスタマーエクスペリエンス向上に失敗する理由とは?
  4. データベースのプロが集結!現場経験者だから語れるDB移行プロジェクトの「実際」とは
  5. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan