AI・機械学習

AIが脳卒中患者を支援--医療での利用が示した効果

12週間にわたる検査の結果、スマートフォン向け新AIプラットフォームを活用して抗血栓薬の服用を忘れないようにしている脳卒中患者は、他の患者よりもちゃんと薬を服用する傾向にあるという。

 米国心臓協会(American Heart Association)によると、脳卒中から生還した患者のうち人工知能(AI)プラットフォームを利用している人は、ちゃんと抗血栓薬を服用している割合が従来の方法で治療を受けている患者の2倍にのぼるという検査結果が出たという。

 そのAIプラットフォームは「AiCure」というもので、スマートフォンのソフトウェアアルゴリズムを活用し、患者の身元や投薬の情報、またちゃんと薬を飲んでいるかなどを確認するものだ。薬を飲み忘れないよう自動的に通知することや、服用の指示なども受信できる。医療従事者はリアルタイムでデータを受信するため、患者が薬を予定通り飲んでいない場合、早期に察知することが可能だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約781文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan