AI・機械学習 Facebook

AI駆使したデジタルアシスタントでアップルやグーグルに対抗--Facebookの「M」

これまで一部ユーザーにのみ公開されていた「Facebook Messenger」のAIデジタルアシスタント「M」が、米国の全ユーザーに向けて公開された。今後他国でも展開する予定だという。

 Facebookは4月上旬、新たなデジタルアシスタント「M」の提供を米国の「Messenger」ユーザー向けに開始した。Mには、人工知能(AI)によってユーザーに提案する機能が組み込まれている。

 Mは2015年に公開されたもので、一部のユーザーがテスト利用していた。今回は、米国のiOSおよびAndroidユーザー全員が対象となり、今後他国でも展開される予定だ。Facebook Messengerの月間ユーザー数は10億人とされている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1471文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  3. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  4. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. 「ソフトウェア定義」を極めた次世代インフラの世界へ--Dell EMC、マイクロソフトの展望

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan