AI・機械学習 コールセンター・コンタクトセンター

CB1:Watsonを活用したチャットボット--問い合わせ業務に幅広く対応

チャットボットの「CB1」は、問い合わせを中心とした業務に活用できる。認知型システムの「IBM Watson」を活用し、人間に近い自然な会話による応対が可能。オンライン接客や24時間対応、自動応対、業務自動化などに活用できる。

CB1のポイント

  • Watsonを使って人間に近い自然な会話による応対が可能
  • オンライン接客や24時間対応、自動応対、業務自動化などに活用
  • 音声認識も追加対応、LINEやFacebookメッセンジャーにも対応予定

CB1の製品解説

 NDIソリューションズの「CB1」は、問い合わせを中心とした業務に活用できるチャットボットだ。認知型システムの「IBM Watson」を活用し、人間に近い自然な会話による応対を可能にしている。システム連携やデータ分析などの機能を追加することで、業務の自動化やサービスの向上に役立てられる。

編集部おすすめの関連記事

 オンライン接客によるビジネス機会の創出、カスタマーセンターの24時間対応、社内業務向けの問い合わせ自動応対、基幹システムと組み合わせた業務自動化など、さまざまな利用シーンでの活用が想定されている。

 CB1は、質問の入力や回答、確信度、回答結果などを制御するQA機能と、学習データ、回答データ、フィードバックデータ、Watson APIなどを管理する管理者機能を備える。Watsonの機能をAPIで呼び出して、自然言語処理を実行している。音声認識にもオプションで対応するほか、LINEやFacebookメッセンジャーの利用も可能になる予定。

CB1のまとめ
用途と機能問い合わせを中心とした業務に活用できるチャットボット
特徴IBM Watsonを活用し、人間に近い自然な会話による応対が可能。システム連携やデータ分析などの機能を追加することで、業務の自動化やサービスの向上に役立てられる
税別価格月額48万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業を究極の「全自動化」!デジタル時代のインフラ最適化、その最終形態とは?
  2. 独自調査と取材で判明!クラウドテクノロジーの信頼度と業績向上の相関関係【提供:Google】
  3. 目指すべきは“顧客から選ばれる”企業――日本企業がカスタマーエクスペリエンス向上に失敗する理由とは?
  4. データベースのプロが集結!現場経験者だから語れるDB移行プロジェクトの「実際」とは
  5. 次世代ネットワークの構築に必要不可欠な「NFVセキュリティー・ゲートウェイ」とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan