SNS 伊藤忠テクノソリューションズ

3割がチャット導入、SkypeやLINE、Facebook活用--「業務に必要ない」4割

CTCの調査によると、28.1%の企業がチャットツールを導入している。導入した理由は「スピーディなコミュニケーション」が23.6%、「会議時間の短縮への期待」が15.7%となっている。

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が4月13日に発表したビジネスチャットツール導入に関する実態調査によると、28.1%がチャットツール、ビジネスチャットツールを「一部で導入」もしくは「全社で導入」と回答。主にPCで業務を行う企業では30.5%が「Skype」を活用しており、携帯電話やタブレットで業務を行う企業では「LINE」が24.0%、「Facebook」が19.8%となった。

 導入した理由については、「スピーディなコミュニケーション」が23.6%でトップ。次いで「会議時間の短縮への期待」15.7%、「複数人での情報共有が容易になる(他部署間とのコミュニケーション活性化等)」13.9%となった。ツール選択の基準として最も多く挙げられたのが、「使いやすさ」で21.6%。次いで「セキュリティ」20.6%、「業務効率化」 15.6%となった。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan