SNS 伊藤忠テクノソリューションズ

3割がチャット導入、SkypeやLINE、Facebook活用--「業務に必要ない」4割

CTCの調査によると、28.1%の企業がチャットツールを導入している。導入した理由は「スピーディなコミュニケーション」が23.6%、「会議時間の短縮への期待」が15.7%となっている。

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が4月13日に発表したビジネスチャットツール導入に関する実態調査によると、28.1%がチャットツール、ビジネスチャットツールを「一部で導入」もしくは「全社で導入」と回答。主にPCで業務を行う企業では30.5%が「Skype」を活用しており、携帯電話やタブレットで業務を行う企業では「LINE」が24.0%、「Facebook」が19.8%となった。

 導入した理由については、「スピーディなコミュニケーション」が23.6%でトップ。次いで「会議時間の短縮への期待」15.7%、「複数人での情報共有が容易になる(他部署間とのコミュニケーション活性化等)」13.9%となった。ツール選択の基準として最も多く挙げられたのが、「使いやすさ」で21.6%。次いで「セキュリティ」20.6%、「業務効率化」 15.6%となった。

ログインして続きを読んでください。

「SNS」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]