経費精算・旅費精算 ヴァル研究所

RODEM:予定の入力だけで出発時刻と移動経路を自動登録--交通費精算も効率化

「RODEM」は、カレンダーツールに訪問予定を登録するだけで、出発時刻や移動経路を自動算出してくれるサービス。蓄積された算出データを利用すれば経路や運賃の再検索が不要なほか、経費精算システムと連携して交通費精算を効率化する。

RODEMのポイント

  • カレンダーに訪問先を登録だけで出発時刻や移動経路を自動算出
  • 蓄積された算出データを利用すれば経路や運賃の再検索が不要
  • 経費精算システムと連携して交通費の精算を効率化

RODEMの製品解説

 ヴァル研究所の「RODEM」は、普段使っているカレンダーツールに訪問予定を登録するだけで、スケジュールの調整や経路の検索、交通費の精算を自動化してくれるサービスだ。

編集部おすすめの関連記事

 同社の調べによると、多くのビジネスマンは、1件の訪問先につき何回も移動経路、時間、交通費を調べている。1回目は予定を立てるとき、2回目は当日に会社を出発するとき、3つ目は交通費を精算するとき。こうしたわずかな時間の積み重ねが、スタッフの業務効率と生産性を大きく低下させている。

 RODEMは、カレンダーに訪問先の会社名と時刻を登録するだけで、予定に間に合う移動経路や出発時間を自動で算出し、カレンダーに追加入力する。これにより、算出された移動予定をもとにスムーズな移動が可能。連動しているカレンダーのリマインド機能を活用すれば、出発予定を事前に通知することもできる。

 算出された移動経路、出発時間、運賃などはログデータとして蓄積。このデータを利用すれば経路や運賃の再検索が不要になるほか、経費精算システムと連携して、交通費の精算も効率化できる。

 システム連携可能なサービスは、カレンダーが「Googleカレンダー」「Outlook on the web」、経費精算システムが「Concur Expense」「MFクラウド経費」「経費Bank」「駅すぱあと旅費交通費精算Web」、名刺管理サービスが「Sansan」となっている。

RODEMのまとめ
用途と機能スケジュール調整、経路検索、交通費精算の自動化サービス
特徴カレンダーツールに訪問先を登録するだけで、移動経路や出発時間を自動で算出する。経費精算システムと連携して、交通費精算も効率化する
導入企業ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  2. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  3. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan