AI・機械学習

デジタルアシスタントを理解する--「Siri」「Alexa」「Google Assistant」の長所と短所

アップルが「Siri」を発表して以来、デジタルアシスタントは注目を集めている分野だ。ここでは、Siriに加え、米国で人気のスマートスピーカー「Echo」に搭載されている「Alexa」、後発ながら話題の「Google Assistant」を解説する入門記事を読みやすくまとめ直した。

 Appleが「Siri」を発表して以来、デジタルアシスタントは注目を集めている分野だ。だが、Amazonが「Alexa」搭載スマートスピーカー「Echo」が米国で人気を得たことで、同分野をめぐる競争は新たな展開を見せている。

 モバイル端末上でアプリを操作したり、情報を提示したりするだけにとどまらず、スマートホームをコントロールするためのインターフェースとしても利用が可能となっている。そして、サードパーティー製機能への対応は、今では重要な評価要素でもある。

 デジタルアシスタント分野の主要サービスであるSiriおよびAlexa、そして、「Google Assistant」について、TechRepublic Japanでは、重要な詳細や特徴をまとめた入門記事を公開している。

 このPDFは、それらの入門記事を読みやすく1つにしたものである。

「続きを読む」からPDFファイルをダウンロードできます。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. クラウドファーストと言うけれど…理由あって実現できない企業の「次の手」
  2. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 次世代 モダンBI・分析プラットフォームを正しく選ぶための選定ポイントとは
  5. 情報の連携不足に盲点あり。自動化がセキュリティの「危機回避」の決め手に!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan