OS OS・ミドルウェア Windows

サポートが終了した「Windows Vista」--移行に向けて検討したい4つのオプション

マイクロソフトは米国時間4月11日、「Windows Vista」のサポートを正式に終了した。ここでは、アップグレードを検討しているVistaユーザーのために4つのオプションを紹介する。

 Microsoftは米国時間4月11日、「Windows Vista」のサポートを正式に終了した。これにより、同OSを採用している多数の企業がセキュリティ関連のアップデートや技術的コンテンツなどが受けられなくなった。10年におよぶVistaのサポートサイクルが終わり、Microsoftは「リソースをより最新のテクノロジに」投資する方針に従うことで、「最新の素晴らしいエクスペリエンスを継続的に提供」できるようにする。

 Microsoftは、Vistaのサポート終了を同社ウェブサイトのブログ投稿で正式に発表したが、今回の措置はしばらく前から計画されていたものだ。同投稿によると、Windows Vistaユーザーには「Microsoftから新しいセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の修正プログラム、有料または無料のサポートオプション、オンラインテクニカルコンテンツの更新が提供されなくなる」という。

 今回の措置が意味するのは、組織にとって、今後は強固なセキュリティ状況を維持するがより困難になるとともに、アップデートすることでVistaとの互換性が確保できず、一部のアプリが利用できなくなるおそれがあるということだ。本記事では、アップグレードを検討しているVistaユーザーのために4つのオプションを紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1279文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan