DWH

KeepData Hub:企業内に散在するデータを可視化する検索分析プラットフォーム

検索分析プラットフォームの「KeepData Hub」は、企業内に散在するデータを分析、可視化する。構造化、非構造化データ、ログ、画像、音声、通信記録、メールなどに対応。テキストと数値の混在データも高速に処理できる。

KeepData Hubのポイント

  • 企業内に散在するさまざまなデータを収集分析できるプラットフォーム
  • 構造化、非構造化データ、ログ、画像、音声、通信記録、メールなどに対応
  • テキスト情報、数値情報が混在するデータも高速な集計、検索、計算が可能

KeepData Hubの製品解説

 Keepdataの「KeepData Hub」は、社内外に散在するさまざまなデータを横断的に統合し、組織全体のデータを収集、分析、共有する検索分析プラットフォームだ。構造化、非構造化データをはじめ、ログ、画像、音声、通信記録、メールなど多様なデータに対応する。

編集部おすすめの関連記事

 大きく「CSS」「Lake Indexer」「Lake Composer」「Cockpit」という4つのコンポーネントで構成される。

 CSSが個々の独立したシステムからデータを取り込み、自動で紐付ける。対象となるデータは、リレーショナルデータベース(RDB)に格納されるような構造化データに加えて、テキストや表計算ソフトなどの非構造化データも取り扱える。

 Lake Indexerがテキストデータと数値データを計算、クロス集計する。データはリアルタイムに取り込むことが可能。Lake Composerで編集し、ユーザーごとのアクセス権などを設定できる。

 Cockpitでデータをグラフやチャートなどの形で理解しやすい形に変換できる。また、ポータル画面のように必要な情報を1つの画面に集約することも可能だ。

 システムキャパシティがさらに必要になった場合も、サーバを追加するだけで容易に拡張が可能。マルチデバイスに対応し、モバイル、サテライトオフィス、在宅環境などでも安全に利用できるとしている。

KeepData Hubのまとめ
用途と機能社内外に散在するデータを横断的に収集、分析、共有する検索分析プラットフォーム
特徴構造化、非構造化データをはじめ、ログ、画像、音声、通信記録、メールなど多様なデータに対応。テキスト情報、数値情報が混在するデータも言語統計分析処理で高速に集計、検索、計算する

「DWH」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]