DWH

KeepData Hub:企業内に散在するデータを可視化する検索分析プラットフォーム

検索分析プラットフォームの「KeepData Hub」は、企業内に散在するデータを分析、可視化する。構造化、非構造化データ、ログ、画像、音声、通信記録、メールなどに対応。テキストと数値の混在データも高速に処理できる。

KeepData Hubのポイント

  • 企業内に散在するさまざまなデータを収集分析できるプラットフォーム
  • 構造化、非構造化データ、ログ、画像、音声、通信記録、メールなどに対応
  • テキスト情報、数値情報が混在するデータも高速な集計、検索、計算が可能

KeepData Hubの製品解説

 Keepdataの「KeepData Hub」は、社内外に散在するさまざまなデータを横断的に統合し、組織全体のデータを収集、分析、共有する検索分析プラットフォームだ。構造化、非構造化データをはじめ、ログ、画像、音声、通信記録、メールなど多様なデータに対応する。

編集部おすすめの関連記事

 大きく「CSS」「Lake Indexer」「Lake Composer」「Cockpit」という4つのコンポーネントで構成される。

 CSSが個々の独立したシステムからデータを取り込み、自動で紐付ける。対象となるデータは、リレーショナルデータベース(RDB)に格納されるような構造化データに加えて、テキストや表計算ソフトなどの非構造化データも取り扱える。

 Lake Indexerがテキストデータと数値データを計算、クロス集計する。データはリアルタイムに取り込むことが可能。Lake Composerで編集し、ユーザーごとのアクセス権などを設定できる。

 Cockpitでデータをグラフやチャートなどの形で理解しやすい形に変換できる。また、ポータル画面のように必要な情報を1つの画面に集約することも可能だ。

 システムキャパシティがさらに必要になった場合も、サーバを追加するだけで容易に拡張が可能。マルチデバイスに対応し、モバイル、サテライトオフィス、在宅環境などでも安全に利用できるとしている。

KeepData Hubのまとめ
用途と機能社内外に散在するデータを横断的に収集、分析、共有する検索分析プラットフォーム
特徴構造化、非構造化データをはじめ、ログ、画像、音声、通信記録、メールなど多様なデータに対応。テキスト情報、数値情報が混在するデータも言語統計分析処理で高速に集計、検索、計算する

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan