営業ツール

アラームボックス:取引先に知られずに信用状況を確認できるリスク管理サービス

リスク管理サービスの「アラームボックス」は、信用リスクを判断するアルゴリズムを用いて取引先の信用状況の変化を通知する。取引先の情報収集に関わる手間や負担を大きく減らし、取引先への接触は一切ないため、相手に知られることはない。

アラームボックスのポイント

  • 信用リスクを判断して取引先の信用状況の変化を通知
  • 取引先の情報収集に関わる手間や負担を大きく減らせる
  • 取引先への接触は一切ないため、相手に知られることはない

アラームボックスの製品解説

 「アラームボックス」は、取引先の信用状況の変化を知らせるリスク管理サービス。取引先の情報収集に関わる手間や負担を大きく減らせる。

編集部おすすめの関連記事

 オンラインデータ、独自ネットワーク、情報収集の仕組みを組み合わせ、信用リスクを判断するアルゴリズムの精度を高めている。スマートフォンやPCから取引先を登録するだけで、登記情報や企業サイトなどで企業や事業の内容に変化があったり、代金の支払い遅れや顧客からの評判低下といった信用状況に変化があったりするとアラームが通知される。

 アラーム内容は会員の専用サイトにログインして確認する。取引先への接触は一切ないため、相手に知られることはない。現在は日本国内の企業のみに対応する。

アラームボックスのまとめ
用途と機能取引先の信用状況の変化を知らせるリスク管理サービス
特徴登記情報や企業サイトなどで企業や事業の内容に変化があったり、代金の支払い遅れや顧客からの評判低下といった信用状況に変化があったりするとアラームが通知される。取引先への接触は一切ないため、相手に知られることはない
税別価格フリープラン:1社まで無料、ライトプラン:5社まで月額980円、ビジネスプラン:20社まで月額3800円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. 進まない多要素認証の普及--技術的課題を解決する方法とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan