AI・機械学習

IBMが取り組む10のAIプロジェクト--人工知能の未来を垣間見る

IBM Researchの人工知能(AI)担当者が、先頃開催された「IBM InterConnect 2017」において、IBMが既に取り組んでいるAIのプロジェクトについて語った。

 人工知能(AI)という言葉は現在、テクノロジ分野で最もホットなバズワードになっている。AIはコンピューティングの黎明期から存在していたにもかかわらずだ。今、無数のスタートアップが自社の業務内容を説明するためにAIという言葉を用いており、テクノロジ分野のマーケターは、AIを取り入れたブランド戦略を打ち立て、アルゴリズムや初歩的な機械学習などの単純なことが、実際よりはるかにスマートで洗練されたものであるかのような印象を与えようとしている。

 IBM Researchのコグニティブコンピューティング(IBMがAIを表すときに使うしゃれた名称)担当バイスプレジデントであるMichael Karasick氏は、「近頃、AIという言葉が意味する範囲は、途方もなく広がっている」と語る。

 Karasick氏は、先頃ラスベガスで開催された「IBM InterConnect 2017」でプレゼンテーションを発表し、AIに対するIBM Researchのロードマップについて説明した。Karasick氏のチームの任務は、企業に役立ち得るテクノロジを生み出すことであるため、同チームのアプローチはかなり現実的なものとなっている。皆さんの予想通り、彼らの取り組んでいる多くのことは、煎じ詰めれば、オートメーションやビッグデータに関連する。

 Karasick氏は、「われわれがこれらの問題で機械学習を利用するのは、データの量があまりにも多すぎるからだ」と述べている。同氏がIBM Researchで率いるチームは、数学者やシステムアナリストといった人たちをメンバーとして擁している。チームはAIを利用して以下の3つのことを目指す。

  1. 業務用途に耐え得るソリューションを開発すること
  2. 人間をより効率的に活用すること
  3. 価値を生み出すまでの時間を短縮すること

 Karasick氏がIBM InterConnectで話したセッション「Looking Ahead: The Future of Artificial Intelligence」(今後の展望:人工知能の未来)では、IBMが既に取り組んでいるさまざまなAIプロジェクトが明らかにされた。本記事では、その中から10個のプロジェクトの概要を簡潔に紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1963文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan