グループウェア ノークリサーチ

ファイル共有に独自アプリ作成--クラウドで変わるグループウェアの選定基準

グループウェアは既に多くの企業に導入されており、「現状のままでいい」という声も多い。だが近年、長らく安定していたこの市場に大きな変化が起きている。利用者は現在、グループウェアに何を求めているのだろうか。

 既に多くの企業に導入されているグループウェア。「特に不満もないので、現状のままでいい」という声も多いだろう。だが、最新の市場調査データを見てみると、大きな変化が起きていることが分かる。そこで本稿では、市場動向を踏まえながら、企業が理解しておくべきグループウェアの選定ポイントについて解説する。

グループウェアのシェアが変わり始めた

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4495文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます
  2. サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え
  3. “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ
  4. RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋
  5. RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]