グループウェア ノークリサーチ

ファイル共有に独自アプリ作成--クラウドで変わるグループウェアの選定基準

グループウェアは既に多くの企業に導入されており、「現状のままでいい」という声も多い。だが近年、長らく安定していたこの市場に大きな変化が起きている。利用者は現在、グループウェアに何を求めているのだろうか。

 既に多くの企業に導入されているグループウェア。「特に不満もないので、現状のままでいい」という声も多いだろう。だが、最新の市場調査データを見てみると、大きな変化が起きていることが分かる。そこで本稿では、市場動向を踏まえながら、企業が理解しておくべきグループウェアの選定ポイントについて解説する。

グループウェアのシェアが変わり始めた

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4495文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. 進まない多要素認証の普及--技術的課題を解決する方法とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan