MDM

モバイル活用の実際を聞く(2)働き方も含めた情報戦略が求められている

MDMというツールから見た、日本企業のモバイル活用の現状をまとめた座談会の第2回。今回は端末導入時の選択肢であるBYODとCOPEの比較、モバイルワークでの課題となる労務管理の問題に焦点を当てた。

 スマートフォンやタブレットといったスマートデバイスを業務に活用することは珍しいことではなくなっている。さまざまなモバイルアプリを活用することで従来のPCと遜色ない仕事が可能になっている。おかげで、例えば営業部門の直行直帰のように、会社に立ち寄ることなく1日の業務をこなすこともできる。

 ここで問題となるのが労務管理だ。従来は会社での業務を前提にした労務管理だが、モバイル端末の活用で、従来のやり方では対応しきれなくなってきている。この労務管理の問題は、育児や介護などでの在宅勤務にも問われることになる。

 スマートデバイスはもちろん、チャットツールや映像会議などを含めたユニファイドコミュニケーションなどのITは働き方を大きく変えられるが、従来の会社のマネジメントが現状に追い付いていないということでもある。

 “モバイル端末管理(Mobile Device Management:MDM)”を提供する企業に集まってもらった座談会の2回目では、労務管理の話題を取り上げた。参加したのは以下の6人(肩書きは取材当時、「」内は提供する製品)。

  • 日本IBM 赤松猛氏(セキュリティー・システムズ事業部 部長 第二テクニカル・セールス シニアITスペシャリスト)「MaaS360」
  • 日本マイクロソフト 一瀬幹泰(クラウド&ソリューション ビジネス統括本部 クラウドプロダクティビティ&モビリティ営業本部 テクニカル第2営業部 部長)「Enterprise Mobility + Security」「Intune」
  • シトリックス・システムズ・ジャパン 竹内裕治(アジア・パシフィック・ジャパン営業推進本部 シニア・フィールドレディネスマネージャー)「XenMobile」
  • アイキューブドシステムズ 畑中洋亮(取締役 社長室長)「CLOMO」
  • ソリトンシステムズ 松本吉且(執行役員 ITセキュリティ営業本部 セールスマーケティング部)「MobiControl」
  • モバイルアイアン Richard Li(シニアテクニカルセールスディレクター)「MobileIron」

BYODとCOPEがミックス

――従業員が個人で購入した端末の業務での活用を許可する“私物端末の業務利用(BYOD)”と、企業が購入した端末の私的利用を許可する“業務端末の私的利用(COPE)”を比較して考えると、COPEの方が日本企業の実情にあっているように思います。実際のところはどうなのでしょうか。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2703文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan