AI・機械学習

西欧AIシステム市場、2017年は15億ドル規模--2020年には43億ドル超へ

IDCは、西欧のコグニティブ(認知)コンピューティングおよび人工知能(AI)システム市場に関する調査結果を発表した。それによると、2017年における売上高は15億ドルに達するという。

 IDCは、西欧のコグニティブ(認知)コンピューティングおよび人工知能(AI)システム市場に関する調査結果を発表した。それによると、2017年における売上高は15億ドルに達するという。これは、2016年の40.0%増に相当。

 西欧において、これらシステムに対する企業投資の活発な状況が今後数年は続き、2020年には43億ドルを超える規模まで拡大する見通し。2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は42.5%となる。

 2017年時点で、世界全体に対する西欧の売上高ベース市場シェアは12.1%。ただし、2020年までのCAGRは、世界全体の54.4%より低い。その結果、2020年時点のシェアは9.5%に低下し、2位の座を(日本を含む)アジア太平洋地域に奪われると見込む。

 西欧で支出額の多い業界は、銀行、小売、組立製造だが、業界横断アプリケーションのシェアがもっとも大きい。そして、2020年までに、これらの支出額が全体の半分弱を占めるようになるそうだ。CAGRが大きい業界は、配送およびサービス(プロフェッショナルサービス、小売、輸送)の60.8%、公共事業(教育、政府、ヘルスケアプロバイダー)の60.8%、インフラ(電気通信、電気や水道などの公共事業)の60.1%。

 技術分野別で売上高が多いものは、コグニティブアプリケーション(5億1600万ドル)と、コグニティブおよびAIソフトウェアプラットフォーム(3億5000万ドル)。後者は速いペースで成長し、2020年には10億ドルを超えるという。また、2017年の売上高が2億5000万ドルに満たない専用サーバおよびストレージは、2020年までに8億5000万ドル弱へ増える。

 コグニティブおよびAIシステムの使われることが多い用途は、販売プロセス向けレコメンデーションおよび自動化システム、不正行為の分析および調査システム、品質管理の調査およびレコメンデーションシステム、自動化された脅威対策用の情報収集および防止システム、IT自動化システム。これら5分野を合わせると、2017年時点で全体の半分を超える予想。2020年には、販売プロセス向けレコメンデーションおよび自動化システムが4位へ落ち、不正行為の分析および調査システムが1位を獲得するとみる。

コグニティブおよびAIシステムの使われることが多い用途(出典:IDC)
コグニティブおよびAIシステムの使われることが多い用途(出典:IDC)

 CAGRが大きい用途は、スマートネットワーキング(137%)と、診断および治療システム(87.4%)。もっとも、スマートネットワーキングのシェアは2020年でも1%に届かないという。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  4. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  5. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]