開発 情報処理推進機構

第1回:類似点が驚くほど多い「家づくり」と「要件定義」

「家づくり」と「要件定義」、一見全く関係なさそうに思えるが、実は多くの類似点がある。「家を建てる際の最初のプロセス」を例に、「要件定義」とは何かを解説しつつ、要件定義決定のプロセスを紹介していく。

はじめに

 いきなりですが、「要件定義」とは何でしょうか。2017年3月に情報処理推進機構 技術本部ソフトウェア高信頼化センター(IPA/SEC)が公開した「ユーザのための要件定義ガイド ~要求を明確にするための勘どころ~(要件定義ガイド)」によると、「要求とは、『~したい』と表現できる」とあります。

 これに対して「要件定義」とは、新たなシステムを開発する際に、まず何を実現したいのか(要求)を明確にし、それを実現するためにはどのような機能が必要か(要件)を具体的に定義することです。システムやソフトウェアを作る前に「これができたら嬉しいよね」という「希望=要求」をもとに「それにはこんな機能が必要だよね」という要件を明確にする作業が「要件定義」なんですね。

 こういう作業って身近にもありませんか? そうです、「家づくり」です。家一軒を建てるプロセスを想像してください。多くの人にとって「家」は大きな買い物です。ですから、なるべく多くの希望をかなえたい。「こんな設備が必要だよね」「こんな内装だったら嬉しいよね」という要件が湯水のごとく湧いてくるのは当然でしょう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5644文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

ホワイトペーパーランキング

  1. EDR導入を絶対に失敗したくない人に贈る、セキュリティ対応の5つ課題とEDR選定の11のポイント
  2. AIと位置情報でユーザー体験を高度化 - スマートデバイス時代にふさわしい無線LANサービスとは
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. メインフレームとクラウドネイティブが融合! ハイブリッドクラウド時代をリードするLinux基盤の実力

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]