eラーニング レビックグローバル

SmartSkill Campus:ナレッジの共有と人材育成を支援するSaaS型eラーニング

SaaS型eラーニングシステムの「SmartSkill Campus」は、教育プログラムの運用を効率化し、組織全体のナレッジ管理と人材育成を支援する。多言語に対応し、マルチデバイスで利用できる。

SmartSkill Campusのポイント

  • 知識の共有やスキルの可視化によって、人材の育成や配置に役立てられる
  • 長期の人材育成プログラムを可能にするバーチャルキャンパス研修体系
  • 独自サーバを中国国内に設置し、内陸部などへの広域配信も可能

SmartSkill Campusの製品解説

 レビックグローバルの「SmartSkill Campus」は、世界で利用できる多言語対応のSaaS型eラーニングシステムだ。広域配信システムを採用し、世界から均質なアクセスが可能。各地域ごとに個別のシステムを構成する必要なく、インフラ投資を削減する。

編集部おすすめの関連記事

 各地域ごとの個別運用も可能で、ローカルで発生する教育ニーズにも対応する。ナレッジの共有やスキルの可視化によって、人材の育成や配置に役立てられる。研修や学習、学びあいの場を設け、長期にわたる人材育成プログラムの運用を可能にするバーチャルキャンパス研修体系を持つ。

 クライアントPC、スマートフォン、タブレットから利用できるマルチデバイス対応で、場所や時間を選ばずに利用できる。

 グローバルサポートが可能なヘルプデスクを用意。英語、中国語、日本語に対応する。また、中国については独自サーバを中国国内に設置し、広域配信を可能にしている。チベット自治区や内モンゴル自治区といった内陸部への配信など中国全域で利用できる。

SmartSkill Campusのまとめ
用途と機能世界で利用できる多言語対応のSaaS型eラーニングシステム
特徴知識の共有やスキルの可視化によって、人材の育成や配置に役立てられる。長期にわたる人材育成プログラムの運用を可能にするバーチャルキャンパス研修体系を持つ。チベット自治区や内モンゴル自治区といった内陸部への配信など中国全域で利用できる
導入企業三井住友銀行、アサヒビール、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan