ウイルス対策 標的型攻撃対策 情報漏えい対策

標的型攻撃やランサムウェアは何が怖いのか?--情報セキュリティの今を知る

情報システム部門に配属となった入社2年目のA山さん。自分の周りを飛び交うIT用語に四苦八苦の毎日。今回は、セキュリティの最新動向について、同じ部署のB川先輩に聞いています。

 最近、企業の情報漏えいに関するニュースが連日のように取り上げられています。「企業の大切な情報を守らなければ」と警戒する情報システム部門で新人のA山さん。しかし、具体的に何をすればいいのか分かりません。「標的型攻撃」や「ランサムウェア」という言葉も頻繁に見かけますが、どういうものなのかいまいちはっきりしません。そこで、同じ部署のB川先輩に相談しているみたいです。2人の話に耳を傾けてみましょう。

  • A山さん:情報システム部門に配属になった入社2年目の新人社員
  • B川先輩:情報システム部門の先輩社員

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1918文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業を究極の「全自動化」!デジタル時代のインフラ最適化、その最終形態とは?
  2. 独自調査と取材で判明!クラウドテクノロジーの信頼度と業績向上の相関関係【提供:Google】
  3. 目指すべきは“顧客から選ばれる”企業――日本企業がカスタマーエクスペリエンス向上に失敗する理由とは?
  4. データベースのプロが集結!現場経験者だから語れるDB移行プロジェクトの「実際」とは
  5. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan