コールセンター・コンタクトセンター

Open Dialer:予測発信で通話までの時間を短縮するコールセンターシステム

アウトバウンド向けコールセンターシステムの「Open Dialer」は、リストに同時一斉架電するプレディクティブダイヤルを搭載し、待ち時間が長いオペレーターを優先して通話させるようにする。

Open Dialerのポイント

  • コールリストに同時一斉架電するプレディクティブダイヤルを搭載
  • 待ち時間が長いオペレーターを優先して通話に接続
  • コール結果をもとに再コールリストや発信禁止リストを作成

Open Dialerの製品解説

 オープンコムの「Open Dialer」は、架電件数と通話件数を向上させ、アウトバウンド業務の業績向上を目指すコールセンターシステムだ。コールリストに対して同時に一斉架電する「プレディクティブダイヤル(予測発信)」機能を搭載し、通話までの時間を短縮する。

編集部おすすめの関連記事

 システムは架電から通話状態になると、待ち時間が長いオペレーターを優先して通話を接続する。管理者はリストにある電話番号に対して、架電した回数やステータスをひも付けしたデータをCSV形式で出力できる。その結果をもとに再コールリストを作成したり、発信を拒否された電話番号を発信禁止リストとしてシステムに登録したりできる。

 オペレーターは、顧客情報を確認しながら架電可能。また、通話と同時に顧客情報を自動表示することで、ターゲット顧客を把握しながら通話することもできる。会話がスタートすると同時にオペレーターの通話は全て自動録音される。オンプレミスとパブリッククラウドの両方で利用できる。

Open Dialerのまとめ
用途と機能アウトバウンド業務の業績向上を目指すコールセンターシステム
特徴コールリストに対して同時に一斉架電するプレディクティブダイヤル機能を搭載。コール結果をもとにシステムが自動集計し、再コールリストや発信禁止リストを作成できる。オペレーターは顧客情報を確認しながら通話可能。自動録音機能も備える
税別価格レンタルサービス「OP1プラン」:8席あたり月額17万4000円から

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  3. 導入事例:スペックは確かに凄い…各社の最新ストレージ。実際に使い比べた最終決定は…?
  4. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  5. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan