電子署名 アドビ システムズ(disital experience)

Adobe Sign:取引文書の送信や追跡などを支援する電子署名サービス--同一性を担保

電子署名サービスの「Adobe Sign」は、契約書などの文書の真正性を担保する。署名された文書は、改変不可な監査レポート付きPDFとして保管。システム連携に対応し、幅広い法的要件に準拠する。

Adobe Signのポイント

  • 署名済み文書は、改変不可な監査レポート付きPDFとして保管
  • 生産性アプリや業務アプリと連携、カスタムアプリへの組み込みも可能
  • 国や地域を問わず、幅広い法的要件に準拠し、企業ポリシーにも順守

Adobe Signの製品解説

 アドビ システムズの「Adobe Sign」は、取引文書の送信、署名、追跡、管理を支援する電子署名サービスだ。ブラウザやモバイルアプリで文書を表示して、署名することができる。署名済み文書は、改変不可な監査レポート付きPDFとしてクラウドストレージに保管される。

編集部おすすめの関連記事

 操作手順は次の通り。まず、Adobe Signにアクセスし、送信画面で署名用の文書ファイルを選択、署名などの情報を入力するためのフィールドをドラッグ&ドロップで配置し、署名用文書を送信する。メールを受け取った相手はリンクを開いて内容確認したら署名フィールドに入力または手書きでサインする。署名が完了すると送信者へ確認通知が届くので署名後のファイルが受け取れるという流れだ。

 OfficeやBox、Dropboxなどの生産性アプリケーションと連携したり、Salesforce、Workday、Aribaなどの業務アプリケーションと統合したりできる。APIを介してカスタムアプリケーションに組み込むことも可能だ。国や地域を問わず、幅広い法的要件に準拠し、企業ポリシーも順守できるように設計されているとしている。

Adobe Signのまとめ
用途と機能取引文書の送信、署名、追跡、管理を支援する電子署名サービス
特徴4つのステップで取引文書の送信、署名、閲覧ができる。署名済み文書は、改変不可な監査レポート付きPDFとしてクラウドストレージに保管される。OfficeやBox、Dropbox、Salesforce、Workday、Aribaなどのアプリケーションと連携可能
導入企業Diners Club、Telefonica、など
税別価格個人版:1万2080円、グループ版:2万9760円、ビジネス版 とエンタープライズ版は問い合わせ

「電子署名」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]