ロボット

ロボットによる雇用喪失、2027年までに2470万人分--一方で1490万人分の雇用創出も

フォレスターリサーチの最新レポートによると、自動化で2027年には仕事の17%が失われる一方、ほかの技術で創出される新たな仕事で減少分が相殺されるという。

 仕事がロボットに奪われることは間違いないものの、それで失業する人の数は、専門家がかつて予想していたほど多くないだろう。Forrester Researchが米国時間4月3日にリリースしたレポート「The Future Of Jobs, 2027:Working Side By Side With Robots」によると、自動化とロボットの影響で2027年までに2470万人分の仕事が失われる一方、同じ期間に1490万人分の仕事が新たに作り出され、米国の雇用は正味980万人分の減少になるという。

 もちろん980万人分の雇用減少は大きいが、業界関係者がよく挙げていた6900万人分という数字に比べショックは小さい。なお、この6900万人の根拠となっているのは、オックスフォード大学が2013年にリリースした調査報告書であり、米国で自動化されるリスクの高い仕事は雇用全体の47%(つまり6900万人分)としていた。Forresterのレポートは、影響がそれよりはるかに小さいとしているようだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約979文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ユーザーの実利用データを解析した「パブリッククラウド利用状況レポート2017」が公開
  2. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  3. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  4. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ
  5. 「Nutanix Software Choice」新たな選択肢で得られる本当の価値とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]