ロボット

ロボットによる雇用喪失、2027年までに2470万人分--一方で1490万人分の雇用創出も

フォレスターリサーチの最新レポートによると、自動化で2027年には仕事の17%が失われる一方、ほかの技術で創出される新たな仕事で減少分が相殺されるという。

 仕事がロボットに奪われることは間違いないものの、それで失業する人の数は、専門家がかつて予想していたほど多くないだろう。Forrester Researchが米国時間4月3日にリリースしたレポート「The Future Of Jobs, 2027:Working Side By Side With Robots」によると、自動化とロボットの影響で2027年までに2470万人分の仕事が失われる一方、同じ期間に1490万人分の仕事が新たに作り出され、米国の雇用は正味980万人分の減少になるという。

 もちろん980万人分の雇用減少は大きいが、業界関係者がよく挙げていた6900万人分という数字に比べショックは小さい。なお、この6900万人の根拠となっているのは、オックスフォード大学が2013年にリリースした調査報告書であり、米国で自動化されるリスクの高い仕事は雇用全体の47%(つまり6900万人分)としていた。Forresterのレポートは、影響がそれよりはるかに小さいとしているようだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約979文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan