eラーニング

eden LMS:専門知識なしで学習教材を作成、配信できるeラーニングサービス

クラウド型eラーニングシステムの「eden LMS」は、専門知識なしで学習コンテンツを作成、配信できる。受講状況を確認して終了率の低い受講者の抽出やフォローメールの送信も可能だ。

eden LMSのポイント

  • 専門知識を必要とせずに学習コンテンツを作成、配信できる
  • 初期費用は無料で、最低1カ月からの利用や利用規模の変更にも対応
  • 受講状況を確認して終了率の低い受講者の抽出やフォローメールの送信も可能

eden LMSの製品解説

 くらふとわーくすの「eden LMS」は、さまざまな学習コンテンツを容易に作成、配信できるクラウド型eラーニングシステム。初期費用は無料で、月額料金のみで最低1カ月から利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 専門知識を必要とせずコンテンツを作成でき、PowerPointやPDFファイルの取り込み、Excelでの一括作成にも対応。クイズやアンケート、添削課題などさまざまな形式の教材を作成でき、学習順序の指定やランダム出題のほか、eラーニング共通化規格「SCORM」にも準拠する。

 受講状況のチェックも一目で確認でき、終了率の低い受講者の抽出やフォローメールの送信も可能。履歴やテスト結果をExcel形式でダウンロードすることもでき、受講状況を確認する権限も組織構造にあわせて細かく設定できる。エンドユーザーをグループ単位で管理可能で、複数グループへの所属やコンテンツの割り当て、利用権限の設定もグループ単位で対応できる。グループへの振り分けもExcelで一括処理が可能だ。

 スマートフォンとタブレットにも対応。自動でスマートフォン用の画面が表示されるようになっている。

eden LMSのまとめ
用途と機能学習コンテンツを容易に作成、配信できるクラウド型eラーニングシステム
特徴専門知識を必要とせずコンテンツを作成でき、SCORM形式にも準拠。受講状況のチェックも一目で確認可能で、スマートフォンとタブレットにも対応する
導入企業リクルートジョブズ、日本ヒューレット・パッカード、近畿日本ツーリスト、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]