コールセンター・コンタクトセンター ランドスケイプ

DISH:マーケティングを事前に設定できるクラウド型コールセンター

コールセンターシステムの「DISH」は、マーケティングに活用することを前提。マーケティング戦略を事前設定でき、運用状況や結果分析が可能。アイコンをドラッグ&ドロップしながら業務を設計できる。

DISHのポイント

  • マーケティングで活用することを前提にCTIとCRMの機能を搭載
  • マーケティング戦略を事前設定でき、運用状況や結果分析が可能
  • 画面上のアイコンをドラッグ&ドロップしながら業務設計できる

DISHの製品解説

 ランドスケイプの「DISH」は、マーケティングで活用することを前提にコンピュータ電話統合(CTI)や顧客関係管理(CRM)を搭載するクラウド型コールセンターシステム。顧客顧客との関係を継続化し、収益化に重きを置いて開発されている点を特徴とする。インバウンドとアウトバウンドの両方に対応する。

編集部おすすめの関連記事

 CTI機能は、複数回線で先行発信して応答のあった回線をオペレーターに接続する「プレディクティブダイヤリング」、発信すべき相手をオペレーターが選択して発信する「プレビューダイヤリング」、オペレーターの処理能力を超えてしまいコール終了が困難な場合に管理者に電話転送する「エスカレーション」を備え、「自動音声応答(IVR)」「着信呼自動 分配(ACD)」も搭載する。

 CRM機能は、業務別に顧客情報を管理して活動履歴を一元化できるほか、ダイレクトメール(DM)やメール、ファクス、ウェブなどの複数チャンネルにおけるマーケティング戦略を事前設定でき、運用状況の把握や結果分析までを統合管理できる。

 業務設計の際には、業務単位だけでなく、顧客単位での過去履歴を時系列で参照できる。画面上のアイコンをドラッグ&ドロップしながら設計できる仕組みとなっている。キャンペーンやアクションの単位で集計したり、レポートを出力したりする機能も備える。

DISHのまとめ
用途と機能マーケティングで活用することを前提にCTI/CRMを搭載
特徴CTI機能は、プレディクティブダイヤリング、プレビューダイヤリング、エスカレーション、IVR、ACDなどを搭載。CRM機能は、複数チャネルに渡ってマーケティング戦略を事前設定でき、運用状況の確認や結果分析などが可能。画面上のアイコンをドラッグ&ドロップしながら業務設計できる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. SUBARU事例:運転支援システム「アイサイト」の実用化を支えた膨大な画像データの管理・活用
  2. 「デジタル変革」成功の5つの成功要因とは?--アルファブロガーRay Wang氏インタビュー
  3. 添付ファイルの攻撃が前年比2.5倍?!今を“知り”、セキュリティ強化のポイントを考える
  4. IoTを活用してコスト削減と効率性向上を実現する4つの方法
  5. NASA事例:「ANSIBLE TOWER 」を活用してクラウドにおける複雑な管理を効率的に

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan