コールセンター・コンタクトセンター ランドスケイプ

DISH:マーケティングを事前に設定できるクラウド型コールセンター

コールセンターシステムの「DISH」は、マーケティングに活用することを前提。マーケティング戦略を事前設定でき、運用状況や結果分析が可能。アイコンをドラッグ&ドロップしながら業務を設計できる。

DISHのポイント

  • マーケティングで活用することを前提にCTIとCRMの機能を搭載
  • マーケティング戦略を事前設定でき、運用状況や結果分析が可能
  • 画面上のアイコンをドラッグ&ドロップしながら業務設計できる

DISHの製品解説

 ランドスケイプの「DISH」は、マーケティングで活用することを前提にコンピュータ電話統合(CTI)や顧客関係管理(CRM)を搭載するクラウド型コールセンターシステム。顧客顧客との関係を継続化し、収益化に重きを置いて開発されている点を特徴とする。インバウンドとアウトバウンドの両方に対応する。

編集部おすすめの関連記事

 CTI機能は、複数回線で先行発信して応答のあった回線をオペレーターに接続する「プレディクティブダイヤリング」、発信すべき相手をオペレーターが選択して発信する「プレビューダイヤリング」、オペレーターの処理能力を超えてしまいコール終了が困難な場合に管理者に電話転送する「エスカレーション」を備え、「自動音声応答(IVR)」「着信呼自動 分配(ACD)」も搭載する。

 CRM機能は、業務別に顧客情報を管理して活動履歴を一元化できるほか、ダイレクトメール(DM)やメール、ファクス、ウェブなどの複数チャンネルにおけるマーケティング戦略を事前設定でき、運用状況の把握や結果分析までを統合管理できる。

 業務設計の際には、業務単位だけでなく、顧客単位での過去履歴を時系列で参照できる。画面上のアイコンをドラッグ&ドロップしながら設計できる仕組みとなっている。キャンペーンやアクションの単位で集計したり、レポートを出力したりする機能も備える。

DISHのまとめ
用途と機能マーケティングで活用することを前提にCTI/CRMを搭載
特徴CTI機能は、プレディクティブダイヤリング、プレビューダイヤリング、エスカレーション、IVR、ACDなどを搭載。CRM機能は、複数チャネルに渡ってマーケティング戦略を事前設定でき、運用状況の確認や結果分析などが可能。画面上のアイコンをドラッグ&ドロップしながら業務設計できる

「コールセンター・コンタクトセンター」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅
  2. Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!
  3. データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件
  4. 脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説
  5. 事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]