PC OS OS・ミドルウェア Windows

「Windows XP」、企業での浸透率は52%--「Windows 10」は増加

最新の調査によると、企業の約52%が少なくとも1インスタンスの「Windows XP」をいまだに稼働しているという。

 Spiceworksが米国時間4月3日に発表した調査報告書「2017 OS Adoption Trends」によると、「Windows XP」のサポートが2014年4月8日に終了したにもかかわらず、企業の約52%が少なくとも1インスタンスの同OSをいまだに稼働しているという。またこの調査では、少なくとも1インスタンスの「Windows Vista」を稼働している企業が約9%を占めることも分かった。Windows Vistaは、2017年4月11日にサポートが終了する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1165文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. イスラエル国防軍サイバー攻撃部隊の技術と知見を結集した次世代のエンドポイント対策とは?
  5. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan