アカマイ・テクノロジーズ NTTコミュニケーションズ Jストリーム Amazon Web Services

セキュリティ機能やサポート体制に違い--コンテンツ配信を高速化するCDNサービス5選

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)は、ウェブページやリッチコンテンツの配信を高速化する。利用者のネットワークに一番近いキャッシュサーバを自動で選択し、そのサーバが代わりにコンテンツを配信する。

 コンテンツ配信ネットワーク(CDN)は、ウェブページに加え、音楽や動画などのリッチコンテンツの配信を高速化するための仕組みだ。配信用のコンテンツを複数のキャッシュサーバに配置し、その中から利用者のネットワークに一番近いキャッシュサーバを自動で選択。そのサーバが代わりにコンテンツを配信することで表示速度を向上させる。

 コンテンツの高速配信という基本サービスは共通だが、セキュリティ機能やサポート体制などに違いがある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2000文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  3. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  4. 新たな個人データ保護の時代到来!~2018年EU-GDPR施行とその対応~
  5. 添付ファイルの攻撃が前年比2.5倍?!今を“知り”、セキュリティ強化のポイントを考える

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan