電子署名

DocuSign:電子署名付きの書類を作成管理できる電子署名サービス

クラウド型電子署名システムの「DocuSign」は、シンプルな操作で電子署名付きの書類を作成管理する。社内外を問わず文書へのアクセス、署名、送信が可能。契約書や稟議書などの承認プロセスをデジタル化できる。

DocuSignのポイント

  • シンプルな操作で電子署名付きの書類を作成管理できる
  • 社内外を問わずどこからでも文書へのアクセス、署名、送信が可能
  • 署名処理の進ちょくやファイルの保存状況なども一元管理できる

DocuSignの製品解説

 ドキュサイン・ジャパンの「DocuSign」は、書類の作成、送付、署名、承認、管理ができるクラウド型電子署名システムだ。契約書や稟議書などの承認プロセスをデジタル化できる。印刷やファクス、スキャン、宅配便での送付といった煩雑な紙ベースの業務処理を減らせる。

編集部おすすめの関連記事

 利用者は署名が必要な書類と対象となる人物を選択し、署名タグを付けて送信。受信者は事前に登録された、あるいは任意のスタイルを選んで署名する。処理が完了すると利用者にアラートが届き、ファイル自体も保存される仕組みだ。

 署名処理の進ちょくやファイルの保存状況などもクラウドで一元管理できる。また、インターネット環境があれば、社内外を問わず、どこからでも文書へのアクセス、署名、送信が可能だ。43カ国語に対応する。

DocuSignのまとめ
用途と機能書類の作成、送付、署名、承認、管理ができるクラウド型電子署名システム
特徴印刷やファクス、スキャン、宅配便での送付といった煩雑な紙ベースの業務処理を減らせる。署名処理の進ちょくやファイルの保存状況などもクラウドで一元管理できる
導入企業三井情報、リクルートホールディングス、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan