クラウド クラウドストレージ

「Google Team Drives」をセットアップ--グーグルのチーム向けサービスでファイル共有

グーグルの「Team Drives」は、チームで共有するファイルを保存するためのスペースだ。ここでは、同サービスをセットアップする手順を見ていく。

 2017年3月以前は、人間のとる2つの行動が「G Suite」管理者に問題を引き起こすことがあった。

 1つめは、組織を辞めることだ。その場合、G Suite管理者は、辞める人の「Google Drive」ファイルのオーナー権限を新しいオーナーに譲渡していた。これらのファイルは、新オーナーのGoogle Drive上のフォルダに追加されていた。その新オーナーが組織を辞めるときは、再び別の新しいオーナーに譲渡されていた。

 2つめは、ファイルを移動することだ。これらの人々はファイルを1つのフォルダから別のフォルダへ移動する。ファイルをゴミ箱に移動することもある。こうしてファイルを移動する行為自体に問題は全くないが、共有フォルダ内のファイルやフォルダでそれを実行する場合は話が別だ。それをやってしまうと、ファイルを移動した影響が全ユーザーに及ぶからだ。

 「Team Drives」(チームドライブ)はG Suiteを使用する組織において、上記の問題を両方解決してくれる。Team Driveは、チームが所有するファイルの保存場所を提供するので、誰かが組織を辞めても、彼らがTeam Driveに保存したファイルはすべて残る。Team Driveは、ファイルを移動できるユーザーを制御する機能も管理者に提供するので、ファイルが予期せぬ場所に移動するのを防ぐことができる。

 G SuiteとGoogle Driveを使用する組織に属している読者のために、Team Drivesを作成して使用する手順を以下で説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3100文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]