クラウド クラウドストレージ

「Google Team Drives」をセットアップ--グーグルのチーム向けサービスでファイル共有

グーグルの「Team Drives」は、チームで共有するファイルを保存するためのスペースだ。ここでは、同サービスをセットアップする手順を見ていく。

 2017年3月以前は、人間のとる2つの行動が「G Suite」管理者に問題を引き起こすことがあった。

 1つめは、組織を辞めることだ。その場合、G Suite管理者は、辞める人の「Google Drive」ファイルのオーナー権限を新しいオーナーに譲渡していた。これらのファイルは、新オーナーのGoogle Drive上のフォルダに追加されていた。その新オーナーが組織を辞めるときは、再び別の新しいオーナーに譲渡されていた。

 2つめは、ファイルを移動することだ。これらの人々はファイルを1つのフォルダから別のフォルダへ移動する。ファイルをゴミ箱に移動することもある。こうしてファイルを移動する行為自体に問題は全くないが、共有フォルダ内のファイルやフォルダでそれを実行する場合は話が別だ。それをやってしまうと、ファイルを移動した影響が全ユーザーに及ぶからだ。

 「Team Drives」(チームドライブ)はG Suiteを使用する組織において、上記の問題を両方解決してくれる。Team Driveは、チームが所有するファイルの保存場所を提供するので、誰かが組織を辞めても、彼らがTeam Driveに保存したファイルはすべて残る。Team Driveは、ファイルを移動できるユーザーを制御する機能も管理者に提供するので、ファイルが予期せぬ場所に移動するのを防ぐことができる。

 G SuiteとGoogle Driveを使用する組織に属している読者のために、Team Drivesを作成して使用する手順を以下で説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3100文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan