セキュリティ

たった1人のフィッシング詐欺犯、米大企技術企業2社が1億ドルの被害に

大手サプライヤーをかたるリトアニア人男性が最近、多国籍企業2社から大量のお金を巻き上げた。これについて、知っておくべきことを解説しよう。

 48歳のリトアニア人男性Evaldas Rimasauskas容疑者は、高度なフィッシングを仕掛けて米国の大手技術企業2社から1億ドル以上をだまし取ったとして、先ごろ逮捕された。ニューヨーク州南部地区の連邦地検が米国時間3月21日、この逮捕をプレスリリースで明らかにした。

 プレスリリースによると、Rimasauskas容疑者は多国籍企業2社とその従業員をだまし、同容疑者がアジアに拠点を置く実在するコンピュータハードウェアメーカーの代表者であると信じ込ませたという。何度も取引を繰り返した結果、被害総額は1億ドルを超え、最終的に同容疑者は取引銀行の1つによって発見された。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約989文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. バグ発見にかける時間、ムダですよね? IT現場の働き方改革を推進する5つのヒント
  2. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  3. IoTセキュリティの最前線-急増する脅威化したIoTデバイス(Thing Bot)
  4. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  5. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]