セキュリティ

たった1人のフィッシング詐欺犯、米大企技術企業2社が1億ドルの被害に

大手サプライヤーをかたるリトアニア人男性が最近、多国籍企業2社から大量のお金を巻き上げた。これについて、知っておくべきことを解説しよう。

 48歳のリトアニア人男性Evaldas Rimasauskas容疑者は、高度なフィッシングを仕掛けて米国の大手技術企業2社から1億ドル以上をだまし取ったとして、先ごろ逮捕された。ニューヨーク州南部地区の連邦地検が米国時間3月21日、この逮捕をプレスリリースで明らかにした。

 プレスリリースによると、Rimasauskas容疑者は多国籍企業2社とその従業員をだまし、同容疑者がアジアに拠点を置く実在するコンピュータハードウェアメーカーの代表者であると信じ込ませたという。何度も取引を繰り返した結果、被害総額は1億ドルを超え、最終的に同容疑者は取引銀行の1つによって発見された。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約989文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan