eラーニング タイムインターメディア

moca:双方向のコミュニケーションが可能なクラウド型eラーニングシステム

クラウド型eラーニングシステムの「moca」は、オンラインテストや課題管理などの機能を搭載。教師と生徒、生徒間で双方向にコミュニケーションできる「チャット」と「フォーラム」の機能を搭載する。

mocaのポイント

  • オープンソースのLMSをベースとしたクラウド型eラーニングシステム
  • オンラインテスト、課題管理、コミュニケーション、アンケート機能を搭載
  • SCROM、Elgg、OpenID、LAMSなどに準拠し、80言語に対応

mocaの製品解説

 タイムインターメディアの「moca」は、オープンソースの学習管理システム(LMS)をベースとしたクラウド型eラーニングシステムだ。学習課題やテストの配布と提出、教師と生徒間でのコミュニケーション、アンケート投票などの機能を備える。

編集部おすすめの関連記事

 開始時刻の設定、回答に対するフィードバック、不正防止のためのランダム出題といった機能を備えたオンライン試験を実施できる。教師から課題を出したり、生徒からレポートを提出したり、アンケート投票を取ったりすることができる。

 教師と生徒、生徒間で双方向にコミュニケーションできる「チャット」と「フォーラム」の機能を搭載する。フォーラムは掲示板で意見をやり取りでき、チャットでは参加者がリアルタイムに議論や情報交換しながら学習を深められる。

 eラーニング共通化規格「SCORM」(Sharable Content Object Reference Model)、SNS構築用オープンソースCMS「Elgg」、認証プロトコルの標準規格「OpenID」、オープンソースの学習活動システム「LAMS(Learning Activity Management System)」に準拠し、80言語に対応する。

mocaのまとめ
用途と機能オープンソースのLMSをベースとしたクラウド型eラーニングシステム
特徴オンラインテスト、課題管理、コミュニケーション、アンケートといった機能を搭載。SCROM、Elgg、OpenID、LAMSなどに準拠し、80言語に対応する
導入企業イプロス、スリーイーコーポレーション、立教大学、国士舘大学、など
税別価格オープンソースのためライセンス費が無料

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan