eラーニング タイムインターメディア

moca:双方向のコミュニケーションが可能なクラウド型eラーニングシステム

クラウド型eラーニングシステムの「moca」は、オンラインテストや課題管理などの機能を搭載。教師と生徒、生徒間で双方向にコミュニケーションできる「チャット」と「フォーラム」の機能を搭載する。

mocaのポイント

  • オープンソースのLMSをベースとしたクラウド型eラーニングシステム
  • オンラインテスト、課題管理、コミュニケーション、アンケート機能を搭載
  • SCROM、Elgg、OpenID、LAMSなどに準拠し、80言語に対応

mocaの製品解説

 タイムインターメディアの「moca」は、オープンソースの学習管理システム(LMS)をベースとしたクラウド型eラーニングシステムだ。学習課題やテストの配布と提出、教師と生徒間でのコミュニケーション、アンケート投票などの機能を備える。

編集部おすすめの関連記事

 開始時刻の設定、回答に対するフィードバック、不正防止のためのランダム出題といった機能を備えたオンライン試験を実施できる。教師から課題を出したり、生徒からレポートを提出したり、アンケート投票を取ったりすることができる。

 教師と生徒、生徒間で双方向にコミュニケーションできる「チャット」と「フォーラム」の機能を搭載する。フォーラムは掲示板で意見をやり取りでき、チャットでは参加者がリアルタイムに議論や情報交換しながら学習を深められる。

 eラーニング共通化規格「SCORM」(Sharable Content Object Reference Model)、SNS構築用オープンソースCMS「Elgg」、認証プロトコルの標準規格「OpenID」、オープンソースの学習活動システム「LAMS(Learning Activity Management System)」に準拠し、80言語に対応する。

mocaのまとめ
用途と機能オープンソースのLMSをベースとしたクラウド型eラーニングシステム
特徴オンラインテスト、課題管理、コミュニケーション、アンケートといった機能を搭載。SCROM、Elgg、OpenID、LAMSなどに準拠し、80言語に対応する
導入企業イプロス、スリーイーコーポレーション、立教大学、国士舘大学、など
税別価格オープンソースのためライセンス費が無料

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる
  5. AWSが公式解説:メリットを正しく把握!WindowsシステムをAWSに移行するファーストステップ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習
eラーニング

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]