eラーニング タイムインターメディア

moca:双方向のコミュニケーションが可能なクラウド型eラーニングシステム

クラウド型eラーニングシステムの「moca」は、オンラインテストや課題管理などの機能を搭載。教師と生徒、生徒間で双方向にコミュニケーションできる「チャット」と「フォーラム」の機能を搭載する。

mocaのポイント

  • オープンソースのLMSをベースとしたクラウド型eラーニングシステム
  • オンラインテスト、課題管理、コミュニケーション、アンケート機能を搭載
  • SCROM、Elgg、OpenID、LAMSなどに準拠し、80言語に対応

mocaの製品解説

 タイムインターメディアの「moca」は、オープンソースの学習管理システム(LMS)をベースとしたクラウド型eラーニングシステムだ。学習課題やテストの配布と提出、教師と生徒間でのコミュニケーション、アンケート投票などの機能を備える。

編集部おすすめの関連記事

 開始時刻の設定、回答に対するフィードバック、不正防止のためのランダム出題といった機能を備えたオンライン試験を実施できる。教師から課題を出したり、生徒からレポートを提出したり、アンケート投票を取ったりすることができる。

 教師と生徒、生徒間で双方向にコミュニケーションできる「チャット」と「フォーラム」の機能を搭載する。フォーラムは掲示板で意見をやり取りでき、チャットでは参加者がリアルタイムに議論や情報交換しながら学習を深められる。

 eラーニング共通化規格「SCORM」(Sharable Content Object Reference Model)、SNS構築用オープンソースCMS「Elgg」、認証プロトコルの標準規格「OpenID」、オープンソースの学習活動システム「LAMS(Learning Activity Management System)」に準拠し、80言語に対応する。

mocaのまとめ
用途と機能オープンソースのLMSをベースとしたクラウド型eラーニングシステム
特徴オンラインテスト、課題管理、コミュニケーション、アンケートといった機能を搭載。SCROM、Elgg、OpenID、LAMSなどに準拠し、80言語に対応する
導入企業イプロス、スリーイーコーポレーション、立教大学、国士舘大学、など
税別価格オープンソースのためライセンス費が無料

「eラーニング」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
eラーニング
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]