オフィスソフト

「Excel」のオートSUM機能--意外と知られていない便利な使用法

「Excel」のオートSUM機能を使って行や列の値を合計する方法は、ほとんどのユーザーがすぐに習得する。しかし、良かれ悪しかれ、この基本タスクから先に決して進まないユーザーがいる。

 「Excel」のオートSUM機能を使って行や列の値を合計する方法は、ほとんどのユーザーがすぐに習得する。しかし、良かれ悪しかれ、この基本タスクから先に決して進まないユーザーがいる。オートSUMでは簡単な選択とクリックでデータセット全体の関数を入力できることに気がつかず、隣接していない範囲について値を求められることももちろん知らない。この記事ではまず、オートSUMの基本を復習する。それから、オートSUMでほとんど手間をかけずに複数の関数を入力する方法を紹介する。

 使用するのは64ビット版「Windows 10」上の「Excel 2016」だが、テクニックの大半はこれ以前のバージョンでも使えるだろう。デモ用の.xlsxファイルと.xlsファイルをダウンロードしてもいいし、自分のデータを用いてもいい。オートSUM機能はブラウザ版の「Office 365」でも利用できるが、複数範囲の選択ができないので、できることが限定される。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2972文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法
  2. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. BCPに関する「10の落とし穴」に嵌っていませんか?HA導入時に抑えるべきポイントを解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]