オフィスソフト

「Excel」のオートSUM機能--意外と知られていない便利な使用法

「Excel」のオートSUM機能を使って行や列の値を合計する方法は、ほとんどのユーザーがすぐに習得する。しかし、良かれ悪しかれ、この基本タスクから先に決して進まないユーザーがいる。

 「Excel」のオートSUM機能を使って行や列の値を合計する方法は、ほとんどのユーザーがすぐに習得する。しかし、良かれ悪しかれ、この基本タスクから先に決して進まないユーザーがいる。オートSUMでは簡単な選択とクリックでデータセット全体の関数を入力できることに気がつかず、隣接していない範囲について値を求められることももちろん知らない。この記事ではまず、オートSUMの基本を復習する。それから、オートSUMでほとんど手間をかけずに複数の関数を入力する方法を紹介する。

 使用するのは64ビット版「Windows 10」上の「Excel 2016」だが、テクニックの大半はこれ以前のバージョンでも使えるだろう。デモ用の.xlsxファイルと.xlsファイルをダウンロードしてもいいし、自分のデータを用いてもいい。オートSUM機能はブラウザ版の「Office 365」でも利用できるが、複数範囲の選択ができないので、できることが限定される。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2972文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan