クラウド クラウドサービス クラウドストレージ

「Google Cloud Platform」入門--AWSとAzureに続く第3のクラウドサービス

「Google Cloud Platform」は当初、「Google App Engine」としてSMBをターゲットにリリースされたが、現在ではAWSやMicrosoft Azureに次ぐ主要なクラウドコンピューティングプラットフォームの1つになっている。本記事では、その歴史や概要について説明する。

 2008年にリリースされた「Google App Engine」の幕開けは地味なものだったが、Googleは、そこから「Google Cloud Platform」を今日の市場でトップクラスのクラウドコンピューティングプラットフォームの1つにまで育て上げた。同プラットフォームはまだ、最大のライバルであるAmazon Web Services(AWS)や「Microsoft Azure」の後塵を拝してはいるものの、GoogleはGoogle Cloud Platformに継続的に投資して、同製品を大手顧客にとってより魅力的なものにしようとしている。

 最高責任者職やITリーダー、運用管理者、開発者の方が、Googleのクラウドプロバイダーとしての役割について理解を深められるように、われわれは最も重要な詳細やリソースをこの入門記事にまとめた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約5773文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan