クラウド クラウドサービス クラウドストレージ

「Google Cloud Platform」入門--AI機能の強化でさらに進化したクラウドサービス

「Google Cloud Platform」は、AWSやMicrosoft Azureと競合するグーグルのクラウドコンピューティングプラットフォームだ。リリース以来、ツールやサービスが続々と追加されており、2019年にはAI関連の機能などが強化された(2017年3月30日公開、2019年4月22日更新)。

 「Google Cloud Platform」(GCP)は、ウェブアプリケーションをGoogleのデータセンターでホストする「Google App Engine」フレームワークを前身として発展しているクラウドコンピューティングサービス群だ。2008年のGoogle App Engineの発表以来、市場有数のクラウドコンピューティングプラットフォームに成長したが、市場シェアに関してはまだ「Amazon Web Services」(AWS)と「Microsoft Azure」に後れを取っている。だが、Googleは今もクラウド競争で奮闘しており、GCPへの投資を続けて、他のパブリッククラウドプロバイダーに対する競争力と大手顧客にとっての魅力を高めようとしている。

 最高責任者職やITリーダー、運用管理者、開発者の方が、Googleのクラウドプロバイダーとしての役割について理解を深められるように、われわれは最も重要な詳細やリソースをこの入門記事にまとめた。

概要(長文記事を読む時間のない人向け)

  • どんなものなのか:Google Cloud Platformは、その名が示すとおり、インフラストラクチャー用のツールやサービスを提供するクラウドコンピューティングプラットフォームであり、ユーザーはそれを基盤としてアプリケーションやサービスを構築することができる。
  • なぜ重要なのか:Google Cloud Platformは、首位のAWS、2位のMicrosoft Azureに次いで、売上高が3番目に多いクラウドプロバイダーと考えられている。
  • 誰が影響を受けるのか:クラウドコンピューティングを必要とするあらゆる組織、特に同プラットフォームの当初のターゲットだった中堅中小企業(SMB)は、Google Cloud Platformで自社のニーズを満たせるかどうか検討するべきである。
  • いつ発表されたのか:Googleは2008年に最初のクラウドツール、Google App Engineを発表し、さまざまなツールやサービスを追加し続け、それらがGoogle Cloud Platformという総称で知られるようになった。
  • どうすれば利用を開始できるのか:このプラットフォームについて詳しく知りたい開発者やITリーダー向けに、Googleは利用を開始するためのドキュメントFAQページを提供している。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約6825文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]