開発 開発ツール データセンター

「Raspberry Pi」をデータセンターで活用--可能な選択肢を考える

ARMはデータセンターにおいても将来性を示しているが、ARMをベースとした「Raspberry Pi」はどうだろう?ここでは、エンタープライズコンピューティングでの位置付けを考える。

 ARMはあらゆる種類のパーソナルコンピューティングで使用されるようになったが、データセンターにおいても将来性を示している。

 米ZDNetのJason Hiner記者は先頃、ARMベースの「Raspberry Pi」がコンピューティングの未来を象徴していると記事に書いた。データセンターにおいて、ARMは通常、センサやネットワーク端末のCPUという形で使われている。しかし、Raspberry Pi自体はどうだろうか。エンタープライズコンピューティングにおいて、Raspberry Piはどのような位置付けになるのだろうか。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2013文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan