SAN NEC ネットアップ 日本ヒューレット・パッカード 日立製作所 富士通

オールフラッシュやユニファイドなど--さまざまに進化するSANストレージ5選

NASが主にファイルサーバに使われるのに対し、SANストレージはさまざまなアプリケーションに対応する。ドライブが全てSSDのオールフラッシュ、NASとしても利用できる“ユニファイドストレージ”と呼ばれるタイプもある。

 SANはStorage Area Networkの略で、ストレージ専用ネットワークのことだ。同じネットワークストレージのNAS(Network Attached Storage)が主にファイルサーバに使われるのに対し、SANストレージはさまざまなアプリケーションに対応する。

 各社がさまざまなタイプの製品をラインナップしており、エントリからハイエンドで搭載している機能、容量、価格などが大きく異なる。ドライブが全てソリッドステートドライブ(Solid State Drive:SSD)のオールフラッシュモデル、NASとしても利用できる“ユニファイドストレージ”と呼ばれるタイプの製品もある。

 運用管理機能や重複排除機能なども各社が独自のテクノロジを持っている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2061文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan