SAN NEC ネットアップ 日本ヒューレット・パッカード 日立製作所 富士通

オールフラッシュやユニファイドなど--さまざまに進化するSANストレージ5選

NASが主にファイルサーバに使われるのに対し、SANストレージはさまざまなアプリケーションに対応する。ドライブが全てSSDのオールフラッシュ、NASとしても利用できる“ユニファイドストレージ”と呼ばれるタイプもある。

 SANはStorage Area Networkの略で、ストレージ専用ネットワークのことだ。同じネットワークストレージのNAS(Network Attached Storage)が主にファイルサーバに使われるのに対し、SANストレージはさまざまなアプリケーションに対応する。

 各社がさまざまなタイプの製品をラインナップしており、エントリからハイエンドで搭載している機能、容量、価格などが大きく異なる。ドライブが全てソリッドステートドライブ(Solid State Drive:SSD)のオールフラッシュモデル、NASとしても利用できる“ユニファイドストレージ”と呼ばれるタイプの製品もある。

 運用管理機能や重複排除機能なども各社が独自のテクノロジを持っている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2061文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  4. IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説
  5. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
NAS
SAN
フラッシュストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan