開発ツール アステリア

Platio:製造や建設など業務現場で利用するiOSアプリの開発配布サービス

「Platio」は、オフィス以外の業務現場用のiOS向けアプリを簡単に開発、配布できるサービス。情報収集業務の効率化やBluetooth LE 対応機器からの自動入力、GPSによる位置情報の入力も可能だ。

Platioのポイント

  • オフィス以外の業務現場用のiOS向けアプリの開発運用配布できるサービス
  • テンプレートとカスタマイズ機能でプログラミングの知識は不要
  • Bluetooth LEなどに対応の計測器やセンサと接続でき、自動で入力

Platioの製品解説

 インフォテリアの「Platio(プラティオ)」は、オフィス以外の業務現場用のiOS向けアプリを簡単に開発、運用、配布できるサービス。豊富なテンプレートと柔軟なカスタマイズ機能を備え、プログラミングの知識がなくてもアプリを作成できる。

編集部おすすめの関連記事

 アプリにより現場の情報を手軽に収集できるようになり、情報収集業務が大きく効率化。製造や建設、ヘルスケア分野の測定器やIoTセンサ、コントローラなど、多様なBluetooth LEの測定器やセンサからの自動入力に対応する。端末で撮影した写真やGPSによる位置情報の入力も可能だ。集めたデータはクラウドで保管、共有できる。

 作ったアプリはiOSアプリ「Platio」の上で動作するため、アプリストアへの登録は不要。アプリの修正と更新もすぐに可能で、料金プランは手軽なライトとスタンダードの2つを提供する。また、スタンダードと同等のプランを利用できる30日間の無料トライアル、導入を支援するコンサルティングサービスも用意している。

Platioのまとめ
用途と機能オフィス以外の業務現場向けiOS向けアプリを簡単に開発、運用、配布
特徴テンプレートとカスタマイズ機能を備え、プログラミングの知識がなくてもアプリを作成できる。Bluetooth LE対応の計測器やセンサと接続でき、自動で入力
税別価格初期費用が5万円、利用者数ごとに月額300円。基本料金はライトが月額9万円、スタンダードが月額20万円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「開発ツール」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]