開発ツール インフォテリア

Platio:製造や建設など業務現場で利用するiOSアプリの開発配布サービス

「Platio」は、オフィス以外の業務現場用のiOS向けアプリを簡単に開発、配布できるサービス。情報収集業務の効率化やBluetooth LE 対応機器からの自動入力、GPSによる位置情報の入力も可能だ。

Platioのポイント

  • オフィス以外の業務現場用のiOS向けアプリの開発運用配布できるサービス
  • テンプレートとカスタマイズ機能でプログラミングの知識は不要
  • Bluetooth LEなどに対応の計測器やセンサと接続でき、自動で入力

Platioの製品解説

 インフォテリアの「Platio(プラティオ)」は、オフィス以外の業務現場用のiOS向けアプリを簡単に開発、運用、配布できるサービス。豊富なテンプレートと柔軟なカスタマイズ機能を備え、プログラミングの知識がなくてもアプリを作成できる。

編集部おすすめの関連記事

 アプリにより現場の情報を手軽に収集できるようになり、情報収集業務が大きく効率化。製造や建設、ヘルスケア分野の測定器やIoTセンサ、コントローラなど、多様なBluetooth LEの測定器やセンサからの自動入力に対応する。端末で撮影した写真やGPSによる位置情報の入力も可能だ。集めたデータはクラウドで保管、共有できる。

 作ったアプリはiOSアプリ「Platio」の上で動作するため、アプリストアへの登録は不要。アプリの修正と更新もすぐに可能で、料金プランは手軽なライトとスタンダードの2つを提供する。また、スタンダードと同等のプランを利用できる30日間の無料トライアル、導入を支援するコンサルティングサービスも用意している。

Platioのまとめ
用途と機能オフィス以外の業務現場向けiOS向けアプリを簡単に開発、運用、配布
特徴テンプレートとカスタマイズ機能を備え、プログラミングの知識がなくてもアプリを作成できる。Bluetooth LE対応の計測器やセンサと接続でき、自動で入力
税別価格初期費用が5万円、利用者数ごとに月額300円。基本料金はライトが月額9万円、スタンダードが月額20万円

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  2. 調査結果:経営層と情シスの意識にギャップあり!利用・検討中のクラウドサービスに求める条件と効果は?
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. ITRアナリスト浅利氏解説:組織/ビジネス強化に有効なクラウドERP--ユーザー自ら導入で迅速展開
  5. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan