AI・機械学習 ビッグデータ解析

機械学習の恩恵を受けるのは大企業だけか--Cloudera幹部の基調講演を読み解く

機械学習では大量のデータを用意しなければならない。低価格のハードウェアとオープンソースのソフトウェアによって膨大な量のデータが生み出されているが、その大量のデータを所有しているのは大企業だけだ。

 機械学習がようやく現実のものとなったのはなぜか。データを利用できるようになったからだ。それも(極めて)膨大な量のデータをだ。

 これは、Clouderaの共同創業者であるMike Olson氏がStrata + Hadoop Worldの基調講演で伝えた主要なメッセージだった。Olson氏は先々週、カリフォルニア州サンノゼで開催された同カンファレンスで、次のように宣言している。「初期の研究者と、現在実際に運用している企業が使用するアルゴリズムには、大量のデータが必要だ。そして今、地球上の十分な量のデータをようやく供給できるようになった。こうしたアルゴリズムには、低コストのスケールアウト型のコンピューティングとストレージも必要になる」

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1597文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan