セキュリティ マルウェア対策

ランサムウェア攻撃は2016年に600%増加--新たな調査で明らかになった傾向

PhishMeの最新調査によると、ランサムウェア攻撃は、2016年に爆発的な増加をみせたという。企業および個人は、暗号化された情報を取り返すために10億ドル以上も奪われた。

 PhishMeのリリースした新たな調査レポートによると、ランサムウェアは2016年の対サイバーセキュリティ脅威分野を席巻し、2015年に比べ600%以上も増えた。

 PhishMeは、2016年に実行された2500件を超すフィッシング攻撃を分析し、サイバー犯罪者にもっともよく使われたツールと手口を割り出した。「Locky」「Creber」「TeslaCrypt」といったランサムウェアの利用は急速に増えたが、情報を盗む目的で作られた異なるタイプのマルウェアも広く使われ続けていた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1056文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  4. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan