クラウド クラウドサービス オフィスソフト

「Google Keep」を「Google Docs」と連携させよう--メモの追加や参照が大幅に効率化

「Google Keep」がついに「Google Docs」と統合された。作成したメモを簡単に検索して追加することができる。この統合機能のメリットや、有効にする方法を紹介する。

 Googleがやることに感心すると同時に、「なぜもっと早く思いついてくれなかったのか」と思うこともあるだろう。「Google Docs」への最新の追加機能の1つにしてもそうだ。偉大なるGoogleは2017年に入ってから、「Google Keep」をGoogle Docsに統合するのがいいと判断した。筆者のように両方のツールをよく使う人は、この機能が利用できることを知って、少しうれしかったはずだ。まだ見たことがない人のために、この統合機能を簡潔に説明しよう。

 Google KeepのGoogle Docsへの追加には、2つの意味がある。1つは、Google Keepが正式に「G Suite」ツール群の1つに位置付けられたことだ。2つめとして、作業中の文書用にメモを取るのが本当に簡単になった。「Explore」(データ探索)機能も備えるGoogle Docsは、ビジネスや教育など、執筆時にメモの記録が必要なほぼすべての用途において、非常に優れたツールとなっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1522文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 報告: IT部門と事業部門の「境目」が消え始めた!?世界のITリーダーが回答
  2. 実はオンプレより、クラウドの方が安全!?情シス マサシと一緒に考えるクラウドのメリット/デメリット
  3. “収益10億円への道”を具体的に描く、世界のSaaSビジネス成功企業からの指南書
  4. 日揮やグリーも活用--世界7万6千社で使われるBox事例集
  5. Boxをビジネスに活⽤するために-業種、職種別のユースケース

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan