セキュリティ

ウェブサイトのハッキング、今後も増加傾向に--グーグルが明かす標的となる要因

グーグルは、ハッキング被害にあったウェブサイトの数は2016年に32%増加したことを明かした。また、同社は、ウェブサイトがスパマーによるハッキングの標的になる要因についても述べた。

 ハッキング被害にあったウェブサイトの数は2016年に32%増加したことがGoogleの新たなブログ投稿で明らかになった。同社の見解によれば、残念ながら、ハッカーの手口が洗練化するにつれて、その数は今後も増加する傾向にあるという。

 同投稿によると、「Googleにサイトの審査を依頼する」ウェブマスターのうちサイトの問題を解決できたと回答した人の割合が84%であった一方で、自社のサイトがハッキングされていたことをGoogleから警告されたことはないと回答した人が61%に上ったという。ハッキング被害を受けたウェブマスターの半数以上でこのような警告が届かない状態が生じている主な理由は、これらのサイトがGoogleの「Search Console」で認証されていなかったことにある。Search Consoleは、Googleがウェブサイトに関する情報をやりとりする際に使用している機能だ。

 この投稿の中でGoogleは、現在ウェブサイトに影響を及ぼしている一般的なハッキングの例として、「Gibberish Hack」や「Japanese Keywords Hack」「Cloaked Keywords Hack」を取り上げ、それらの概要を説明している。Googleは古いことわざ「A chain is only as strong as its weakest link」(鎖の強さはその最も弱い輪によるという意味)を引用した上で、こうしたハッカー攻撃を寄せ付けないためには、予防がカギになると指摘している。

 予防策を強化するには、このような攻撃がどのように実行されているかについて理解することが重要になる。Googleは、ウェブサイトがスパマーによるハッキングの標的になる要因を別の文書にまとめている。それが次に紹介する6項目だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1547文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]