WAF

攻撃遮断くん:DDoSやゼロデイなどの攻撃にも対応するクラウド型WAF

クラウド型WAFの「攻撃遮断くん」は、ウェブサイトやウェブサーバへの攻撃を見える化して遮断する。攻撃で損害が発生した際に補償するサイバー保険を付帯できる。

攻撃遮断くんのポイント

  • ウェブサイトやウェブサーバへの攻撃を見える化して遮断
  • セキュリティの対策領域やサーバの利用環境にあわせてサービスを選択
  • DDoSやゼロデイなどの攻撃で発生した損害を補償するサイバー保険を付帯できる

攻撃遮断くんの製品解説

 サイバーセキュリティクラウドの「攻撃遮断くん」は、ウェブサイトやウェブサーバへの攻撃を見える化し、遮断するクラウド型ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)だ。セキュリティの対策領域やサーバの利用環境にあわせてサービスを選べるようになっている。

編集部おすすめの関連記事

 不正侵入防止システム(IPS)と組み合わせてネットワーク、OS、ウェブアプリケーションへの攻撃を防ぐ「サーバセキュリティ」、分散サービス拒否(DDoS)システムを備えた「DDoSセキュリティ」、ウェブサイトのコンテンツ改ざんを検知する「WEB改ざん検知」などのタイプがある。リアルタイムな攻撃を見える化する「サイバー攻撃可視化サービス」は無料で提供する。

 また、10Gbps以上のDDoS攻撃やゼロデイ攻撃による損害が発生した際に1000万円までを補償する「サイバー保険」を付帯できる。喪失利益と営業継続費用を除く損害賠償や事故対応費用を補償する。

攻撃遮断くんのまとめ
用途と機能ウェブサイトやウェブサーバへの攻撃を見える化し、遮断するクラウド型WAF
特徴セキュリティの対策領域やサーバの利用環境にあわせてサービスを選べる。DDoS攻撃やゼロデイ攻撃による損害が発生した際、損害を補償するサイバー保険を付帯する
導入企業NTTドコモ、SBI証券、SOMPOリスケアマネジメント、インテリジェンスビジネスソリューションズ、など

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  2. 【楽天・富士通 座談会抄録】ビジネスはデータドリブンの時代--DBの性能に限界を感じていませんか?
  3. SQL Server 2017 AI Appliance で実現するビジネスの破壊的変革
  4. 他人ごとではない?GDPR施行によって必要となる対策とは?
  5. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan