クラウド クラウドサービス

ダウンタイムを引き起こす10の原因--グーグルが語った対処法

アプリケーションのダウンタイムは、ユーザー体験の悪化につながり、最終的には企業に金銭的な損失をもたらすこともある。本記事では、ダウンタイムを引き起こす主な原因と、その対処方法について解説する。

 あらゆる組織において、最も大きな問題の1つとなるのが、アプリケーションがダウンすることである。ダウンタイムはユーザー体験の悪化につながり、最終的には企業に金銭的な損失をもたらすこともある。

 「Google Cloud Next '17」カンファレンスのブレイクアウトセッションで、Googleのカスタマーリライアビリティエンジニアリング担当ディレクターを務めるLuke Stone氏は、ダウンタイムが発生する主な原因と、開発者やITチームがそれらの問題に対処する方法を説明した。

 アプリケーションのダウンタイムを引き起こす、よくある原因10個とそれらの回避方法は、以下の通りである。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2741文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  2. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  3. 72時間以内に被害報告できますか? セキュリティツールでGDPRコンプライアンスを強化する方法
  4. 顧客の「快」を最大化し、「不快」を最小化する
  5. クラウドって本当は高いんですか?!安いんですか!?AWSが提案する「コスト最適化」アプローチ

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]