IDC Japan

明暗くっきり--オールフラッシュ8割増、オールHDD2割減:IDC調査

2016年の国内外付型エンタープライズストレージシステムは、オールフラッシュアレイは同84.3%増の168億5900万円、オールHDDアレイは同21.6%減の1079億5600万円となった。IDC Japanが発表した。

 IDC Japanの調べによると、2016年の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は前年比8.9%減の1830億5000万円。その中で、オールフラッシュアレイ(AFA)は同84.3%増の168億5900万円、一方、オールHDDアレイは同21.6%減の1079億5600万円となった。

 AFAは大手ベンダーのビジネスが本格的に立ち上がったのに加え、重複排除/圧縮機能やストレージサービス機能の追加などで特定用向けの特殊なストレージから汎用ストレージへの移行が進んでいるという。ハイブリッドフラッシュアレイ(HFA)は同7.7%増の582億3500万円。AFAとHFAの合計比率は全体の41.0%(前年31.4%)という結果になった。

残り本文:約510文字 ログインして続きを読んでください。

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]